シャドーイングの教材を見つけるのが難しい話〜英語勉強の壁〜

こんにちは、やなです!

今回は、英語勉強の王道であるシャドーイングについての記事を書いていきます。

まず、シャドーイングを軽く説明すると、流れてくる英語に対して、少し遅れながら一語一句発音していくという英語勉強法です。

この時に、原稿を見ないのもポイントですね。

また、多くの英語勉強ノウハウが書かれた本や情報によく載っているので、英語学習だったらほとんどの人が知っている勉強法だと思います。

参考までに、英語勉強系YoutuberのAstuさんがシャドーイングの方法を解説している動画を貼っておきます。

実際に、私自身、このシャドーイングをすることで、英語力をかなり上げることができたと考えています。

その時の経験については、以下の記事でまとめているので、読んでくれたら泣いて喜びます!

そして、今回の記事では、私がこのシャドーイングをなぜ、習慣にできたのかを深掘りしていきます!

「シャドーイングで英語を勉強しよう!」と思った人が行き当たる悩みが次の通りです。

  1. 教材は何を使えば良いの?
  2. 1日どのくらいやれば良いの?

この辺りだと思います。

実際、自分も英語勉強を始めた頃、この悩みがつきませんでした笑

そんな過去の私のような英語学習者の方に向けて話を進めていきます!

上に載せた記事で詳しく書いていますが、私がTOEICの点数を上げることができたほとんどの要因がシャドーイングにあります。

なので、英語力をあげたい人はぜひ、この記事を読んでシャドーイングに挑戦してみて下さい!

それでは、本題に進みましょう!

シャドーイングの教材を見つけるのが難しい話:教材選び

結論は、「続くならなんでも良い」です!

雑かもしれませんが、私の中ではこれが正解でした。

ネットや書籍には、「洋画が最適」とか「海外ドラマがおすすめ」とか、はたまた「海外の子ども向けアニメが良い」とか、様々なことが書かれています。

私は全部挑戦しましたが、1つも続きませんでした笑

以下に理由をまとめます。

続かない理由

1. 洋画 → 1作品が長くて飽きる、何度も見ると退屈
2. 海外ドラマ → 上と同じ理由
3. 海外の子ども向けアニメ → そもそも興味がない

つまり、飽きてしまうということですね笑

しかし、シャドーイングは暗唱できるレベルくらいまでやると良いというのが定説なので、これではダメですよね・・

何度も何度も聞けるほど興味がないと、シャドーイング教材にするのは難しいです。

そこで私が最終的にこれだと決め、今もシャドーイングの教材にしているのが以下の動画です。

知っている人もいると思いますが、TEDトークですね!

内容は、自己啓発系の心理学といった感じです。そして、私がこの動画をこれだと思った理由は以下の通りです。

この動画を選んだ理由

・その時の人生の悩みも解決してくれる動画だったから
・見つけた時、ものすごく聞きたいという感情が揺さぶられたから
・15分という短さ

つまり、英語勉強という意識だけでなく、簡潔かつその時悩んでいたことに関する動画であり、感情的に聞きたいと思えたということです。

こういった聞きたい、学びたい、見たいという感情が自然とでるものがシャドーイングの教材には重要だと思います。

なので、シャドーイングの教材に悩んでいる人は、まずは興味が自然とわく動画を何の媒体でも良いので探しましょう!

今は、NetflixやYoutubeで英語字幕、日本語字幕と自由に変えられるものが多くなって非常に便利です。

おそらく、最初はただ英語の動画を垂れ流して聞くだけになるでしょう笑

でも、必ず自分にあった動画や英語、はたまた音楽が見つかると思います!

なので、辛抱強く探しましょう!私自身も上の動画に代わるものを現在も探し続けています。

一緒に頑張りましょう!

シャドーイングの教材を見つけるのが難しい話:取り組む時間

最初は、「5分から」を意識するのが重要です!

今回の記事では、これからシャドーイングを始める人に向けて書いているので、最初から気張りすぎるとガス欠します笑

なので、少しずつ初めて、確実にシャドーイングを習慣化させましょう!

そうすることで、だんだんと慣れてきて、シャドーイングに集中できる時間も増えてくると思います。

私自身、最初は上に掲載した動画の半分をシャドーイングするのがやっとでした笑

しかし、今はだんだんとそれにも慣れ、今ではTOEICの教材を使ったシャドーイングも実践しています。

具体的には、良くCMで見るスタディサプリを使用しての学習です!

スタディサプリは、問題を解くと復習として、「ディクテーション」と「シャドーイング」ができる機能がついています!

ちょー便利です笑 しかも、自分の声の録音も同時にできるので、どこがダメかも後からわかるという昨日もあります。

TOEICの勉強もできて、なおかつその教材を使って、ストレスなくシャドーイングができるのは、本当に便利ですね!ぜひ、皆さんにもおすすめしたいです!

今回は、シャドーイングの教材選べで悩んでいる人に向けて、話を進めてきました。

少しでも皆さんの英語学習のヒントになることを願って記事を終わります!

今回は以上です。読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。