ダイエットを趣味にすると自己肯定感が爆上がりする話〜特に疲れた社会人におすすめ〜

こんにちは、やなです!

今回は、ダイエットを趣味にできると自己肯定感が爆上がりする話を経験談をベースに話をしていきます。

社会人になると、毎日仕事に終われ、時には残業、早く帰れても疲れてしまいダラダラ過ごして寝るだけ・・

このような、サラリーマンや社会人の人は多いんではないでしょうか。

入社1年目の私はまさにこれでした笑

初めての社畜生活、また慣れない生活に疲弊し、家に帰っても、ご飯を食べ、スマホゲームをして1日が終わるといった毎日でした・・

そして、毎日生産性の低い1日を終えたことに後悔し、また明日からの仕事に恐怖しながら眠りについていました。

そして、こんな生産性が低く、自己肯定感の低い毎日から抜け出すチャンスをくれたのが、「ダイエット」でした。

今回の記事では、この時の経験から、なぜダイエットが自己肯定感を高めるきっかけになったのかどうしてダイエットを続けられているのかを解説していきます。

そんな私は、この自己肯定感を得られるダイエットを通じて、10キロの減量に成功しました。

そして、今でもその体型を維持、さらに磨きをかけています。

この時の経験をふんだんに踏まえつつ、話を進めていきます!

では、本題にうつりましょう!

ダイエットで自己肯定感が爆上がりする理由

結論から言うと、ダイエットは、どんな状況でも行える趣味になり得るからです。

どういうことか説明していきます。

皆さんも、趣味に熱中できた休日や旅行に行った日は、「今日は生産性が高かったなー」と自己肯定感や幸せを噛み締めた経験があるはずです。

しかし、ほとんどの趣味はまとまった時間が必要だったり、またはあれを趣味にしよと思ってもなかなか続かなかったりと問題山積みです。

しかし、ダイエットは違います。

続けられない可能性こそありますが、続けられれば、いついかなる場所でも自分の「ダイエット」という趣味をこなすことができます。

具体的には、私のこのツイートが参考になるかと。

このツイートのように、たとえその日飲み会があって何もできない日だとしても、生ビールの代わりにレモンサワー、唐揚げの代わりに豆腐など、ダイエットを意識した食事をすることで、趣味に取り組んでいることになります。

この感覚が掴めることで、自分の時間を生きている実感が湧き、めちゃめちゃ幸福度高いです。

多くの社会人は、締め切り、上司からの命令、理不尽な対応などに悩み、なんのために生きているかわからないという人もいるかと思います。

そんな悩みを持つ、社会人にぜひ、ダイエットを趣味にすることをおすすめします!

そうすることで、痩せて自己肯定感が上がるだけでなく、時間を有効に使えているという感覚から自己肯定感を上げることができます。

ぜひ、いますぐ挑戦しましょう!きっと人生が少しだけ良くなります!

ダイエットを続ける方法〜自己肯定感を上げ続けるために〜

結論は、ダイエットを習慣にまで落とし込むことです。

逆に言えば、習慣にまでできるダイエット方法を見つけるということになります。

例えば、白ご飯を全抜きした生き過ぎた糖質制限は、習慣にできないですよね・・

多分、1ヶ月くらいで爆発する笑

では、どうすれば良いのか。

重要なのは、「小さな健康習慣を少しずつ作る」ということです。

例えば、お酒は週に1回にする、微糖の缶コーヒーは飲まない、デザートは特別な日にしか食べないとかですね。

ちなみに、私は「微糖の缶コーヒーをやめた」ことでダイエットが爆発的に進みました!

その時の経験は以下の記事で詳細に解説してるので、ぜひ!

こんな小さな習慣で本当に痩せるの?と思う人もいると思います。

ただ、ダイエットできない人は、この小さな習慣を作ることができません。

だから、効果のありそうな過度なダイエットに挑戦し、失敗します。

あなたの体は、あなたの生活が作ったものです。

生活がすぐに変わらないように、体もすぐには変わりません。

しかし、少しずつ健康的な習慣を増やし続け、そして継続することで必ず痩せることができます。

絶対に痩せられます!

私も痩せられたから!一緒に頑張りましょう!

今回は以上です。読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。