ダイエット中のお酒との付き合い方

こんにちは、もぐです!今回は、ダイエット中のお酒について考えていきます。

ダイエットしている人

・ダイエットしてるけど、お酒は飲みたい!

・ダイエット中だけど、職場の飲み会は断れない!

・そもそもダイエット中のお酒はダメなの?(逆ギレ)

このように考える人は多いかなと思います。

そこで、今回はダイエット中のお酒についての考え方を解説しそもそもダイエット中のお酒は、科学的にどうなのかも考えていきます。

また、この記事を書いている私は、ダイエット歴で言えば5年ダイエット成功歴で言うと1年以上になり、今も継続中です。

そんな私が、お酒とダイエットに関して、実体験に基づいて解説します。

ダイエット中のお酒は飲んで大丈夫な話

結論として、「お酒は飲んで大丈夫です(条件付き)」。

理由は、「我慢は続かない」からです。

お酒が大好きな人が、ダイエットだからと言って禁酒するのは、かなり辛いです。

そのため、継続できない人が本当に多いです。

これと同じ考え方なのが、糖質制限ダイエットです。こちらも、私たちの大好きな白ご飯を制限するため、辛いです。

やはり、続きません。

先日、森永卓郎さんのライザップでのダイエット成功+継続記事が出ていました。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1907/14/news037.html

これが、記事になることから、糖質制限ダイエットの継続の難しさを表していますよね。

継続できないだけなら、問題ありません。

しかし、私たちは我慢から解き放たれると、過剰摂取をしがちです。

どか食い、どか飲み・・・・

どちらもダイエット以前に、健康によくないのは言うまでもないと思います。

このように、我慢は続かないし、良くありません。この理由から、ダイエット中のお酒を我慢する必要はありません。

次から、条件の話をしていきます。

条件:適量かつ毎日じゃない

当たり前ですが、重要です。

お酒と健康に関する研究は、日々行われていますが、基本的にはこのスタンスですね。

具体例〜赤ワイン〜

赤ワインの例を出します。

後述しますが、近年では赤ワインは、多くの健康効果があることが知られてきています。

ただ、健康に良い赤ワインでもやはり適量は決まっています。

量としては、「ワイングラス2杯」です。

お酒好きからすると、少ない・・と思いますよね笑

しかし、これが適量です!また、毎日お酒を飲まないのであれば、もう少し許容量を増やしても良いのかなと思います。

様々なお酒で色々な説がありますが、繰り返しになりますが、重要なのは「適量かつ毎日じゃない」です。

また、お酒と健康に関しては、以下の本で面白い研究例とともにわかりやすく紹介されているので、ぜひ読んで見てください!

適量なお酒の効果

結論から言うと、「ダイエット効果」すらあります。

特に言われているのは、「赤ワイン」です。

特に、注目されている効果は2つあります。

1つが、「強い抗酸化作用」、もう1つが「血糖値を下げる効果」です。

どちらも生活習慣病への対策になり、かなり有効であることがわかります。

この理由から、「適量のお酒にはダイエット効果がある」と言うことができます。

ダイエット中の週1飲み会のススメ

理由は2つあります。

理由①:ストレス発散

お酒好き、飲み会好きなら分かると思いますが、やっぱり、飲み会は気分も上がって、かなりのストレス解消になりますよね!

ダイエットにおいて、ストレスは1番はじめに取り除くべき要素でもあるので、1日の飲み会でそれが発散できるなら、安いと思います。

この話はお酒に限った話ではなく、自分の好きなことをして、ストレス発散するのはダイエットにおいて、非常に重要なので、意識して行ってみてください!

理由②:食事を楽しむ機会

こちらは、ダイエットのストレスに焦点を当てています。

大なり小なり、ダイエットをしている人は、食事に気を使っているのはもちろんだと思います。

たまには何も考えずに、ご飯を楽しみたいこともありますね!

そこで、私は「食事を楽しむ機会」を「飲み会」に設定することをススメています。

このメリットは2つあります。

メリット

・飲み会の食べ過ぎ後悔を最低限にできる

・飲み会を純粋に楽しめる

以下より、詳しくみていきます。

1. 飲み会の食べ過ぎ後悔を最低限にできる

食べて良い日、いわゆるチートデイを飲み会以外に作ってしまうと、会社の飲み会や付き合いの食事会の料理に加えて、自分で設定したチートデイにダブルパンチになって最悪です笑

しかし、飲み会をチートデイにすることで、このダメージを最低限に回避できますよね!

2. 飲み会を純粋に楽しめる

これも重要ですね!

ダイエット中の飲み会だと、私だけ食べれないというストレスが付きまといます。

これも飲み会をチートデイにすることで、そんな罪悪感を感じず、飲み会や食事会を楽しめるので、やはりおすすめです。

<注意点>

前の章でも述べましたが、やはりこれも「適度」です。毎日、飲み会では意味がありません!

やはり週一回が目安になると思うので、皆さんも適度を意識しながら試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。