[感想]年収90万円でハッピーライフ[書評・要約・まとめ]

こんにちは、もぐです!

今回は、ミニマリストしぶさんが、youtubeで紹介していた大原扁理さんの著書である「年収90万円でハッピーライフ」を読んだ書評・感想ブログです。

印象に残っている言葉は、「いやなことで死なない」です。

著書のタイトルを体現したような言葉だと思い、印象に残りました。

この本では、ミニマリスト的な考え方だけでなく、究極的な最低限度で生きる筆者のライフスタイルが紹介されています。

<この本をオススメしたい人>

・常識的な生き方に疑問がある人

・衣食住を平和に過ごしていきたい人

今回の記事では、筆者の「衣食住」の考え方に焦点を当てて、記事を書いていきます。

「食」で、ヒトはつくられる〜年収90万円でハッピーライフ〜

結論、「食」でヒトは変わります。

そう結論付けている著者は、現代人の以下のような食生活に疑問を呈しています。

現代人の食生活

<ファーストフード店での一コマ>
スマホをいじりながとか、ゲームしながらとか、食べものに目もくれずに、思いも馳せず食べる。「いただきます」も「ごちそうさま」もない。
こういうとき、食べるってなんだろうなーと思う。

私自身、これに圧倒的に共感しました。

そのくせ、痩せたいとか、美味しいものをもっと食べたいとか、健康になりたいとか・・欲が止まりませんよね・・

また、私も少し前は似たような食生活をしていました。

疲れたらなんとなく微糖のコーヒーをのみ、家に帰ったらチョコレートを食べてから何かする・・でも痩せたい・・

無茶苦茶ですよね笑

痩せたいし、食べ物は好きなのに、無意識で食という活動を行っていました。

この本の著者も、現在の食生活になるまでは、コンビニ弁当やハイカロリーの食べ物を食べまくっていたそうです。

そんな生活を変えるために筆者は、「粗食」という食事法にいきついたそうです。その方法に関しては、本で詳しく紹介されているので、ぜひ読んでみて下さい!

私自身のことに話を戻すと、この本の筆者と同様に、そんな無茶苦茶な自分を変えたくて、食生活の改善に本気で取り組みました。

その時の経験をまとめた記事を書いているので、ぜひ読んで欲しいです!こちらは、本と違って無料なので笑

食生活を変えたことで、体型も変わり、それまでうつむきがちだった自分の人生も変わっていきています。

皆さんも自分の人生を見直すきっかけにまず、食生活から見直して、理想の体型、そして理想のライフスタイルを見つけましょう!

趣味の見つけ方〜年収90万円でハッピーライフ〜

「働いていないと、どうしてもひまな時間が多なります。そうすると、趣味が充実してるかどうかってけっこう大事。」

年収90万で生活している筆者らしい、面白い言葉ですよね笑

ただ、これはミニマリズムの本質をついているなと、私は思いました。

理由は、生活がシンプルになることで、自分が好きなこと(趣味)が明確化されるからです。

これは、私自身ミニマリストになって、良かったことの1つでもあります。

また、この時の経験に関しては、別の記事でも紹介しているので、良かったら参考にしてください。

この記事でも書いていますが、ミニマリズムを実践することで、自分の「好き」が明確になることは多くあると思います。

なので、今やりたいことがない、趣味がないで悩んでいる人には、ぜひミニマリズムを実践して、モノを減らしてみて欲しいです!

必ず、何か発見があると思いますよ!

[書評・要約・まとめ]年収90万円でハッピーライフ

という訳で、最後にザクっと要点をまとめていきます。

まず、この本の構成は以下のようになっています。

本の構成

1章 ハッピーライフの基本とは
2章 フツーって、何?
3章 衣食住を実感するくらし
4章 毎日のハッピー思考術

このように、この本では、一見普通ではない年収90万でハッピーに暮らすための考え方が主に紹介されています。

お金から自由になりたい人、日々の生活を平穏にしたい人は、ぜひ読んでみて下さい!

何か有益な考え方が見つかるかもしれません!

では、今回は以上です。読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。