片付け本を8冊読んで分かったこと〜ミニマリズムとは〜

こんにちは、もぐです!

今回は、私が生活にミニマリズムを取り入れるために8冊の片付け本を読んで分かったミニマリズムとは、そしてミニマリストとは、ということに関して、書いていきます。

ちなみに実際に読んだ本を以下に紹介します。

  1. ぼくたちは、習慣でできている。
  2. 手ぶらで生きる
  3. ぼくたちに、もうモノは必要ない。
  4. 年収90万円でハッピーライフ
  5. 必要十分生活
  6. 人生を思い通りに操る片付けの心理法則
  7. 捨て本
  8. リュッケ 人生を豊かにする「6つの宝物」

以上、8冊です。

それぞれの本の書評に関しても、私のブログで書いているので、読んでくれたら泣いて喜びます。

一応参考までに、1冊リンクを貼っておきます。

今回の記事では、これらの記事を読んで分かった、私なりのミニマリズムに関する解釈を書いていきます。

ここで一応、私の片付く前と後の部屋の様子を載せておきます。

それでは、本題に移ります。

片付け本を8冊読んで分かったこと:片付けとは

「本当の片付け」とは、何かが分かりました。

この本達を読む前の、私の片付けは、明らかにゴミであるものを捨てて、あとは収納に入れて整えるといった感じでした。

多分、多くの人が行う片付けはこんな感じだと思います。

ただ、結局、それだと自身の生活の乱れ、仕事や学校のストレスによって、すぐに部屋は汚くなります。

そして、また片付ける・・

このループが繰り返されて、結局、部屋は綺麗にならないし、掃除の手間も変わらないですよね。

しかし、現在、この本達を読んで、ミニマリズムを実践したところ、部屋はほとんど散らからないし、掃除の時間も減りました。

以下に、私が実践したミニマリズム的な片付け方法を示します。

実践した片付け方法

・キャンプや旅行に持っていきたいほど、愛着のあるモノ、または必要なモノなのかを考える
・迷ったら捨てる
・理想の部屋を考え、それに近づける
・収納を最低限にする

基本的には、この4つの思考を実践しました。

すると、部屋は前章で示した画像のように、片付き、ほとんど今は散らかることもありません。

特に、私が意識しているのが、1番に書いた「キャンプや〜」の思考です。

これに関しては、8冊の本の内、下に紹介している本に詳しく書かれているので気になる方は読んでみて下さい。

また、この「本当の片付け」を通して変わったことがあります。

それは、「生活がジンプル」になったということです。

どういうことかというと、生活が本当の意味で、ルーティン化されました。

例えば、平日仕事から帰宅した時の状況を考えます。

ご飯を食べる→英語の勉強する→ちょっとした家事をする→ブログの構成を作る→ちょっとした家事をする→ブログ書き終える→風呂→寝る準備→Youtube1本みる→寝る

これが、本当にスムーズかつシンプルに行えるようになりました。

部屋が片付く前は、散らかっている部屋に気を取られたり、落ちているゴミが気になって、それに時間を奪われ、寝るのが遅れたり、やりたいことがこなせなかったりしました。

しかし、今は多少、仕事の忙しさに左右されるものの、基本的には自分のやりたいことを毎日こなせています。

これは、やりたいことの多くある自分にとって、「本当の片付け」をした最大のメリットだなと最近、思っています。

片付け本を8冊読んで分かったこと:ミニマリズムとは

「本当に好きなモノ、必要なモノが浮き彫りになる思考」であることがわかりました。

前章で示したような思考で、モノを捨てていくと、なぜか本当に捨てられないモノが出てきます(生活必需品は除く)。

私にとっては、この「なぜか本当に捨てられないモノ」は、「スノーボードのグッツ」でした。

実際、スノーボードは、好きなのですが、そこまで強く好きを今まで意識することはなく、なんとなく楽しんでいました。

しかし、ミニマリズムを実践して、モノを減らしたことで、この「スノーボード」という趣味が私にとって、かなり重要なモノになっていたことがわかりました。

おそらく、ミニマリズムを実践しなければ、気づかなかったことです。

だったら、この趣味をもっと本気で楽しもうと、考えるようになり、今、冬に向けて絶賛色んなスノーボードに関するやりたいことを考えている最中です!

これが最近、1番楽しい笑 

この気づきに関しては、以下の記事でも紹介しているので、そちらも読んでくれると泣いて喜びます笑

このように、私はミニマリズムで「趣味を再発見」することができました。

これは、完全にミニマリズム的な思考のおかげだと考えています。

これを読んでくれている人の中には、「趣味がない」や「やりたいことがない」と悩んでいる人も多いかと思います。

私もその一人でした。

そんな私もミニマリズムを実践して、変われました。

だから、皆さんにも、ぜひミニマリズムを実践して、好きなモノ、本当にやりたいことの発見をして欲しいと思います!

話は以上になります。読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。