目標を達成したい人に向けたミニマリズムの話〜経験談から解説〜

こんにちは、やなです!

今回は、何か成し遂げたい目標があるなら、ミニマリズムを生活に取り入れると良いかもという話をしていきます。

それに関連して、先日、こんなツイートをしました。

ツイートにも書きましたが、これは半年前に自分が勝手に壁としていたことです。

そして、この半年前とは、まだ私が生活にミニマリズムを取り入れる前の話です。

ツイートでは、わかりやすく「全部変えたら」としましたが、この変える要因になったのは、間違いなく「ミニマリズム」です。

ミニマリズムを生活に取り入れ、部屋をシンプルにし、極限まで意思決定の量を減らしたことで、何かを変えたり、また何かに挑戦する余裕が生まれました。

今回の記事では、この部分を深掘りしていこうと思います。

また、私がミニマリストになった理由も今回の記事と関連があるので、そのことを書いた記事を貼っておきます。

また、今回の記事は、何かに挑戦したいけど時間がないと思っている人、まだそんな余裕はないから・・と考えている人に向けた記事にしていきます!

そんな人たちが少しでも人生を前に進める挑戦をするきっかけに、この記事がなれば良いと思っています!

では、本題にうつりましょう!

目標を達成したい人に向けたミニマリズムの話①:時間の余裕

モノを減らすと時間の余白が生まれます。

理由は主に3つあるかなと考えています。

モノをは減らすと時間ができる理由

1. 掃除の時間が減る(私は10分)
2. やるべきモノしか家にないから集中できる
3. 意思決定の回数が減る

1と3はミニマリスト系の話の中では、よく話題に上がるので、今回は割愛します。

ちなみにミニマリストの基礎知識を得るなら、この記事がおすすめなので、気になる方はぜひ!

なので、今回は、「やるべきモノしか家にないから集中できる」に関して考えていきます。

部屋からモノを無くして、やるべきモノ、好きなモノだけに囲まれると、自ずと家でやることは限定されてきます。

ちなみに自分の場合は・・・・・

  1. ブログ
  2. 英語勉強
  3. 読書
  4. 自炊

こんなところです。つまり、これしかやることがないので、これに集中できる環境が作れるということです。

つまり、「カフェなら誘惑がないから勉強に集中できるんだよね〜」を家で実現するということです笑

集中できるということは、それに向きあう時間が多く取れる。つまり、何かに挑戦する時間、目的を達成する時間が取れることになります。

これが理由で、ミニマリズムを生活に取り入れると、時間の余裕が生まれるということです。

その時間の余裕が新たな挑戦を生むことで、最高のループを作ることができます!

目標を達成したい人に向けたミニマリズムの話②:生活の余裕

時間の余裕が生まれると、生活に余裕が生まれます。

当たり前に思うかもしれませんが、この生活の余裕とは、「生活を大切にする余裕」のことです。

例を上げると以下のようになります。

  1. 健康のために自炊をする
  2. 健康のために運動をする
  3. 部屋を綺麗に保とうと掃除をする
  4. 自己投資のために読書をする
  5. 誰かに感謝を示す

挙げるとキリがないくらいには出てきます。

どれも、忙しい社会人や暇を嫌う現代人が忘れかけているものではないでしょうか。

こういった、忘れてしまっていることにこそ、自身の自己肯定感や満足感といったものを埋める要因があったりします。

自分自身、ミニマリストになり、時間と生活に余裕が生まれたことで、上にあげたことを実践することえで、かなりの自己肯定感を上げることできています。

この自己肯定感は、目標に向かったり、何かに挑戦する上では非常に重要ですよね!

挑戦したいのに、メンタルボロボロだったらどうしようもない笑

つまり、何かに挑戦したり、目標を達成するには、このような生活の余裕も欠かせないことがわかるかなと思います。

今回の記事では、目標や挑戦をする人に向けて、ミニマリズムの良さを書いてきました!

この記事を読んで、少しでも荷物を軽くして、何かに挑戦、または目標を達成できる人が増えたらなと思います!

もちろん、私も道半ばなので、頑張ります!一緒に頑張りましょう!

では、今回は以上です。読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。