短期のマレーシア語学留学の感想をまとめてみた〜経験談のみ〜

こんにちは、もぐです!

今回は、2019年の7月〜9月の2ヶ月間挑戦したマレーシアでの語学留学での感想をまとめようと思います。

主な内容は、初めての語学留学で感じたこと留学を成功させる上で重要だと感じたことについて書いていきます。

この記事を読んでくれている人は、「短期で留学する意味あるのかな?」とか「なかなか留学への一歩が踏み出せない」という人かなと思います。

そんな人たちの後押しができるように書いていくので、ぜひ参考にして下さい!

また、私自身が英語勉強をする理由に関しては、下の自己紹介の記事で書いているので、興味がある方はそちらをのぞいて見てください。

また、参考までに私のTOEICスコアも載せておきます笑

それでは、本文に移ります!

初めての語学留学で感じたこと@マレーシア

クラス写真

大きく分けると、2点あるので、1つずつ紹介していきます。

1つ目は、「日本の英語教育では絶対英会話できない」です笑

もちろん、わかっていたことですが、これを肌で感じるとショックです・・

実際、私自身、大学入試を突破できるくらいの英語の勉強を中学、高校としていましたが、それの意味のなさ笑

ただ、これを肌で感じれたことで、自分が英語を話せるようになるためのギャップが見えて、非常に良い経験になりました。

これには、本当に早めに気づいてよかったです。

これからの英語学習のやり方全てに影響がでてくる部分なので、これに気づけただけでも留学の意味があったなと思っています。

また、もう1つは「自分の意見を意識することの重要性」です。

これは英語に限ったことではないのですが、英語で話す上では、特に重要かなと思いました。

母国語で話す際には、母国語なので、自由自在に自分の意見を言うことができると思いますが、外国語は違います。

好きなもの1つ言うにも、「I like pizza.」だけでは、会話になりません笑

何で、好きなのか、どんなピザが好きなのか、あそこの店がおすすめだとか・・

こんなことを補足して話すことで、会話は成立します。

母国語だと意識せず話せますが、英語の場合、この話を瞬時に話すための、フレーズや文の組み立てのストックが必須です。

つまり、日頃から自分の意見や考えについて、再認識して、意見を持っておくと、英語で話す上での助けになることを知りました。

これも英語を話せるようになるという、自身の目標の上で非常に重要な気づきでした。

留学を成功させる上での重要なこと@マレーシア

留学成功に重要なのは、「事前の勉強と事前の勉強習慣をつけておく」です。

これが本当に大事だなと思います。

良く言われることですが、「留学前にTOEIC600点を取れるレベルに勉強しましょう!」はかなり重要な考え方だと思います。

私自身も、留学行く前は、半ば半信半疑で一応この目標を立ててやっていました。

しかし、現地に行くとわかりますね・・

なぜ、このTOEIC600点が重要かというと、「明らかに留学の成果が変わる」ことにあると思います。

周りの日本人の語学留学生を見ていても、この点数くらいを持っている人とそうでない人では、成長が明らかに違いました・・

実際、自分自身も個別のトレーニングを担当してくれた先生から、「1番伸びたね!」と言ってもらいました。

この理由として、あげられるのが、「英語勉強の下地ができる」にあるかと思います。

つまり、このスコアを取れる人は、ある程度の英語勉強の習慣がついていて、留学生活中もしっかり勉強するということです。

ぶっちゃけいうと、ほとんどの留学生は自主勉強しない笑

何なら、宿題すらっていう人もいます笑

この理由も明確で、勉強の習慣がついていないから、いきなり留学中だけ勉強と言っても無理ですよね笑

だから、圧倒的に「事前の勉強と事前の勉強習慣が重要」ということです。

これから、留学を考える人に向けて、ぜひこの事前の勉強習慣だけは、つけて欲しいと思います。

その助けになるかはわかりませんが、私が過去に書いている習慣を作るための方法についての記事を下に貼っておくので、参考にしてみて下さい!

いかがでしたでしょうか。

今回は、私のマレーシア留学経験の感想をざっくりまとめてみました!

これから、留学を考える人の参考になればと思います。

今回は以上です。読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。