社会人がダイエットするべき理由〜経験談あり〜

こんにちは、もぐです!今回は、社会人がダイエットをするべき理由を記事にしてきます。

つまり、ダイエット普及記事です笑

最近は、筋トレブームの波もあり、フィットネス文化が日本にもかなり定着しつつありますね!

みなさんの周りにも、突然ランニングを始める人ととか増えてませんか?笑

でも、社会人だとなかなか時間が取れなかったり、休日を運動に使うのがもったいないという人もいると思います。

でも、健康にはなりたいし、理想の体は手に入れたい・・・

そんな人たちにおすすめなのは、「ダイエット習慣」を身に付けることです!

私自身は、学生時代に6年以上のダイエット、そしてリバウンドの経験があります笑

しかし、社会人になってから「ダイエット習慣」を手に入れて、10キロの減量に成功してからは、リバウンドもなく、また、生活スタイルも代わり、毎日が充実しています。

今回は、その私の経験を踏まえながら、「社会人がダイエットをするべき理由」を解説していきます。

社会人がダイエットをするべき理由

結論から言うと、「習慣が整う」からです。

これは、前述している「ダイエット習慣」を手に入れることと同じ意味です。

どういうことかというと、ダイエットを生活の主軸に置くことで、私達の様々な生活習慣が改善されるということです

以下に、私の経験談に基づいた改善された習慣を示します。

改善される習慣(経験談)

・食生活 例)ジャンクフードを食べなくなる、缶コーヒーを飲まなくなる

・運動習慣 例)少しの時間でも体を動かす意識が生まれる

・睡眠習慣 例)ストレスをためないように、早寝早起きの習慣がつく

もっと細かくあげれば、キリがありませんが、今見ていただいたものでも、生活の重要な要素を占める部分を改善できることはわかってもらえると思います。

また、次からこの習慣の改善が社会人にもたらすメリットについて紹介していきます。

ダイエットが社会人にもたらす最も大きなメリット

結論から言うと、「長寿への対策」です。

多くのメデイアで、様々な技術の発達に伴って、寿命が爆伸びすることが予想されています。

現在では、「人生100年時代」という言葉すら、一般的になってきました。

寿命の増加は、一見ハッピーなことですが、同時に、労働期間の増加に繋がります。つまり、今まで以上に私たち社会人は、仕事に取り組む必要が出てきます。

このあたりに関しては、私の過去の記事、そして以下の著書で詳しく解説されているので、参考にしてみて下さい。

つまり、私たちは、この未来を受け入れて、今から健康に貯金する必要があります。

それの第一歩が自分の意思と行動で可能な「ダイエット」だと私は考えています。

では、その肝心なダイエットはどうすれば、成功するのでしょうか。それを次から解説していきます。

社会人のダイエットが成功する方法

結論から言いまくりますが、「小さな習慣の改善から始める」です。

理由は、いきなり、「運動」「糖質制限」「カロリー制限」などすべを一気に初めても、一瞬にして挫折するからです。

一握りの意思の強い方なら、これに一気に取り組むことで、ダイエットに成功する人もいるかと思いますが、私のような一般人には到底無理です笑

これは、6年以上のダイエット経験で何度となく、リバウンドを繰り返した私なりの真理です!

では、具体的に「小さいな習慣の改善」とは何でしょうか。それを以下に示していきます。

小さな習慣の改善例

・微糖のコーヒーを飲む → ブラックコーヒーに変える

・マクドナルドを食べる → 大戸屋に行く

・ミルクチョコレートを食べる → ブラックチョコレートを食べる

まずは、このあたりから改善することを心がけましょう!

すると、少しずつ健康習慣がアップデートされ、どんどん新たに挑戦できる部分も増え、「糖質制限」や「運動習慣」も作ることができます。

この小さな習慣の作り方に関しては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にして下さい!

千里の道も一歩からまさに、ダイエットのための言葉だなと、今は考えています。すぐに、ダイエットで成功するのは難しいと思います。

しかし、着実に生活習慣を改善してくことで、ダイエットは成功します!

こんな記事を書いている私も、日々ダイエットに励み、ボディメイクをして言います!なので、皆さんも焦らず、着実にダイエットを進めていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。