社会人が4ヶ月でTOEICスコアを100点上げた英語勉強法:500〜600点の人向けに解説

こんにちは、やなです!

今回は、TOEICのスコアを100点上げる方法を現スコアが500〜600点の方向け(特に社会人)に紹介していきます。

これは前回出した以下の記事の続きですね!

今回は、現スコアが500点から〜600点の人に向けて、700点〜800点を狙うための英語勉強方法を紹介します!

そんな私は、2019年6月のTOEICから4ヶ月で、約100点スコアを上げました!

また、本来の目標は900点だったので、こんなツイートもしています笑

正直悔しさもありますが、100点スコアが上がったのも事実なので、その経験をシェアしていこうと思います!

そして、今回の記事では、そこそこの基礎英語力があると思ってるけど、なかなかTOEICのスコアが700点に到達しない人のために話を進めていきます。

実際、私も2019年の4月と6月にTOEICを受けましたが、点数はほぼ変わらず600点程度で伸び悩んでいました(もちろん勉強は継続)

その伸び悩みを解決すべく、行った勉強について今回焦点を当てて解説していきます!

今回の記事が、TOEICで伸び悩んでいる人、そしてTOEICに挑戦しようとしている人の参考になればと思います!

では、本題にうつりましょう!

社会人が4ヶ月でTOEICスコアを100点上げた英語勉強法:基礎の見直し

基礎の見直しはめちゃくちゃ重要です!

おそらく、現在TOEICのスコアが500〜600点代の多くの人は、センター試験では高得点を取っていたり、昔英語が得意だったという人も多いんじゃないでしょうか?

これは少し前の自分ですね笑

だから、現在苦手な部分だけを勉強すれば、スコアは上がるでしょと考えがちですが、それがTOEICにおいては間違いです!

何度も言いますが、基礎を見直さないとスコアは上がりません。

ここで、私が言っている基礎とは、文法と単語です。

では、なぜこの基礎(文法と単語)を見直す必要があるのかを下に示します。

文法と単語を見直す理由

◯文法
・学生時代の文法知識はほとんど忘れている
・TOEICの文法問題は、即答する必要がある(時間配分の関係)

◯単語
・学生時代の単語知識はほとんと忘れている
・TOEIC用の単語を覚える必要がある

このような理由から、この基礎をアップデートする必要があります。

では、具体的な方法について、私が行った勉強方法を紹介します。

それは、「スタディサプリ」を使って問題を解きまくりました!

上は、スタディサプリの説明を軽くしている記事です。

具体的には、単語のトレーニングを1日1単元を1周、文法問題を1日10題。

これを毎日継続させました!ちなみに忘れるのが怖いので今もこれは続けています笑

おそらくすでに、500〜600点のスコアを持っている人なら、この勉強方法を続けることで、基礎の見直しが可能だと思います!

ただ、ここで「勉強すれば伸びるのは当たり前だけど、継続できないんだよ!」と言われるかも・

なので、英語勉強を継続させるための私なりの方法も紹介しておくので、参考にしてみて下さい!

社会人が4ヶ月でTOEICスコアを100点上げた英語勉強法:チート行為

白状します、「留学」しました・・・

完全に、チート行為です・・

約2ヶ月感ですが、マレーシアに留学していました。

もちろん、この効果はTOEICにも出ていると思います。

じゃあ、得点上がっても当たり前じゃんと思われても仕方ないのですが・・・・

ただ、留学先の学校での勉強に加え、上で述べた勉強、そして留学に行く前まで行っていた勉強どちらも継続して行っていました。

つまり、会話だけの勉強だったら、ここまでの得点アップには間違いなく繋がっていないと思います。

そのくらいには、文法の知識、単語の知識を復習したことで、TOEICのテストを解くスピードが上がりました!

なので、私のように留学という機会がない人も、ぜひ基礎の見直しは必ず行いましょう!

そうすることで、今まで取りこぼしていた問題が解けるようになると思います!

今回は、現スコアが500点から〜600点の人に向けて、700点〜800点を狙うための英語勉強方法を紹介してきました。

皆さんの英語勉強の参考になることを願って、話を終えます。

今回は以上です。読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。