筋トレが趣味の社会人がミニマリストを目指した理由〜人生に自信がない人へ〜

こんにちは、もぐです!

今回は、私が半年ほど前から、ミニマリストを目指した理由について話していきたいと思います。

もともと、持っているモノが少なかったり、物欲が少なかったり、ミニマリストの素質はあったのですが、掃除が苦手で部屋はかなり汚い状態でした笑

その様子は、以下の記事で紹介しているので、見て笑ってやって下さい笑

当然、こんな部屋だと、何かするにしても、あれがどこにあるんだろうとか、あそこが汚いだのいまいちやりたいことに集中できない自分がいました。

そんな中で、ミニマリストしぶさんの本に出会いました。

そこには、モノを捨てる魅力やモノを捨てることの本当の意味が書かれていました。

これを実践すれば、何か今の生活を変えられるかと思い、取り憑かれたようにモノを捨て始めました。

これが大きなきっかけとなり、ミニマリストを目指しました。

では、私が何を成し遂げたくてミニマリストを目指したか、なんでミニマリストだったのかを深掘りしていきたいと思います。

これから勉強、ダイエットなど、何かを始めたいと思う人の参考になればと思います!

また、モノを捨てて、ミニマリストになりたい人にとっても、気づきのある記事になることを願って、本題にうつっていきます!

ミニマリストを目指した理由①

1番大きな理由は、達成したい目標が明確になったからです。

それまでは、なんとなくもっと自由に生きたいとか、ストレスフリーに生きたい、会社辞めたい的なざっくりとした願望で活動していました。

しかし、これでは何も変わらないという現実がわかり、この達成したい目標を本当に達成するにはどうすれば良いのかというのを考え始めました。

そこでふと思ったのが、部屋と持ち物に誘惑が多すぎるということでした。

例えば、部屋に散らかったゴミなのかなんなのかわからないモノやゲーム機。また、iPhoneの中に膨大に入っていたスマホゲーム。

目標を成し遂げる人は、絶対こうじゃないと思いました。

もっとそのための環境を自分で作ってるはずだと考え、まずは部屋を片付けることに決めました。

この片付けの決心に拍車をかけたのは、「留学」の経験でした。

この記事で、少し話しているのですが、トランク1個で海外で2ヶ月生活したことで、本当に生活に必要なモノは限られているということが身を持ってわかりました。

目標が明確になった上に、留学という経験が重なったことで、私のミニマリスト人生が始まりました。

ミニマリストを目指した理由②

もう1つは、「暮らし」を大切にしたいと思ったからです。

社会人になりたての頃、はじめてまとまったお金を稼ぎ、いるものいらないもの、なんとなく欲しいものを書いまくりました笑

その結果、部屋にモノは増えたけど、心は全然満たされていませんでした。

毎日の通勤、上司からの圧力、周りの誰よりも経験がないという自信の無さやなんとなく行く飲み会。

あの頃は、ただただ消耗するだけでした。

しかし、そんな中、上司に体型をバカにされたことがきっかけでダイエットを始めました。

すると、毎日の筋トレはもちろん、食事にもかなり気を使うようになり、そこで生まれてはじめて自炊をするようになりました。

そこで自分で自分が食べるものを作るという行為が幸福感の高いものであることがわかりました。

それと同時に、学生の頃、当たり前だった「手料理を食べるという暮らし」、「部屋が綺麗に片付いているという暮らし」を尊く感じました。

この感覚に戻りたいという感情から、もっと丁寧に暮らすための第一歩として、モノを減らして、1日を大切に生きようと思うようになりました。

これが、私がミニマリストを目指した理由の2つ目です。

現代人の多くは、過度なストレス社会にさらされているのはいうまでもありません。

もちろん、ストレスのないところで生活するために、会社を辞めたり、転職をしたり、フリーランスになったりする人もいます。

ただ、多くの人にはその勇気も自信もないと思います。私もその一人です。

でも、そんな自信のない私でも、目標を持ち、その目標のために、モノを減らし、丁寧に暮らすことで、かなりのストレスを解消でき、また充実感高く暮らせています。

モノを減らすことで誰もが幸せになれるわけではないと思います。

でも、少なくとも生活のストレスの一部である掃除の回数を大幅に減らすことができます。

そうしたら、もう少し自分のために使える時間が増えるのは間違いありません。

今、人生に自信が持てなかったり、将来に不安を抱えている人がいたら、ぜひモノを減らしてみて欲しいです。

そのさきに何か見えるものが必ずあると思います。私もこれからもモノを捨て続けます。

一緒に頑張りましょう!

今回は以上です。読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。