筋トレするミニマリストの「生活」に関する考え方

こんにちは、やなです!

今回は、筋トレするミニマリストである私が大切にしている「生活」に関する考え方について話していきます。

先日、こんなツイートをしました。

ツイートだと、「暮らす」と書きましたが、これは「生活」とも読み替えることができるかなと思います。

このツイートの通り、日本の多くのサラリーマンは、自分の生活すらまともに遅れていない人が多いなと思います。

例えば、残業して21時に退社したら、コンビニでご飯を買って、家でスマホを見ながらご飯を食べて寝る。

おそらく、この生活の幸福度は低いかなと思います。

理由は、仕事が忙しいという理由の他に、「自分の人生を歩いていない感覚」があるかと思います。

つまり、自分のやりたいことができなかったり、自分のこなすべき家事ができていないことが、「自分の人生を歩いていない」と思わせていると思います。

かくいう私も1年前、会社に入ったばかりの頃は、ずっとこの感覚に悩まされていました。

私の場合は、21時まで残業というほどではなかったですが、19時半くらいに帰宅し、適当にご飯を済ませ、なんとなくスマホアプリをやって1日が終わる・・

こんな日々を繰り返していました。

今考えると、本当に幸福度が低い生活だったなと思います。その時の詳しい話も記事にしているので読んでくれたら泣いて喜びます笑

そんな私の悩みを解決しくれたのが、「ダイエット」と「ミニマリズム」でした。

この2つが、もっと自分の生活を大切にし、そして自分の人生を生きようと思わせてくれました。

今回は、その経験から得た、私の生活への考え方について深掘りしていこうと思います。

また、今回の記事を読んで、少しでも自分の生活を大切にしようと思う、サラリーマンが増えてくれたら最高に嬉しいです。

では、本題にうつりましょう。

筋トレするミニマリストの「生活」に関する考え方:ダイエットが教えてくれたもの

ダイエットから学んだのは、「食生活を大切にする」という考え方です。

当たり前に聞こえるかもしれませんが、仕事に忙殺されたり、ストレスに苛まれると食生活を適当に扱ってしまいます。

1年前の自分がまさにそうでした。

仕事から帰ってきて、疲れてしまうと、味わう気持ちもなく、夕飯を食べ終えてしまいます。

すると、お腹は満たされず、チョコやアイスを食べる。そして、どんどん体重が増える

そして、健康診断で体重が増えていることにショックを受け、自己肯定感が下がり、また過食する。

この負のループの中に私もいました。

そんな自分を変えたくて、「ダイエット」をすることを決意し、半年間かけて10キロの減量に成功しました。

そのダイエット経験でわかったのは、体型や健康のために、食生活を大切にするという行動自体がものすごく幸福度の高いことだということです。

例えば、自炊してカロリーや糖質に気をつけたものを作ったり、そうでなくてもコンビニで少しでも体に良いものを選んだり。

この行動が、「自分の体を良くする」。つまり、「自分の人生を自分で選ぶ」という感覚を持たせてくれているのだと思います。

この感覚を常に持つようにするために、私自身、食生活を大切にし、常に良い体、そして健康体を目指すようにしています。

筋トレするミニマリストの「生活」に関する考え方:ミニマリズムが教えてくれたもの

ミニマリズムは、衣食住の「住」の大切さに気づかせてくれました。

これも見る人が見れば、当たり前のことですね笑

ただ、これも食の話と同様に、ストレスや忙殺によって、簡単にできなくなってしまうことです。

普通に誰でもやる掃除や洗濯、部屋の片付け。

これができなくなってしまいます。これも1年前の私です。

そこで、その生活を変えるために、本当に必要なモノだけを残すようにして、部屋を掃除しました。

その時の経験は上の記事で詳しく書いています。

その結果、部屋を綺麗に保ったり、大好きな洋服を大切に扱うことで、ストレスが軽減していく感覚がありました。

これも食の話と同じで、住をコントロールすることで、「自分の人生をコントロールする感覚」が得ることができ、それがストレス低減に繋がりました。

食と同様、常にこの考え方を持ちながら、生活するようにしています。

今回の記事では、私の人生と土台となっている、ダイエットとミニマリズムから得た生活への考え方を深掘りしてきました。

この記事を読んで、昔の私のように、生活が大切にする余裕のない人が、少しでも現状を変えてみようかなと思うような気持ちになってくれるよう願っています!

今回は、以上です。読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。