運動してもダイエットに成功しない人に向けた話

こんばんは、もぐです。

今回は、一生懸命運動しているのに、なぜかダイエットに成功しない人に向けた記事です。

ダイエットへの疑問

1. 毎日運動しているのに、なんで痩せないの? 

2. ランニングを日課にしてるのに、なんで痩せないんだろう?

こういった疑問は多くあるかと思います。なので、今回はこの疑問に答える形で記事を書いていきます。

ちなみに、この記事を書いている私は、中学〜高校ときつめの部活動をしていましたが、ぽちゃっとしていました。

それでも、身長163cmの体重72kgでした。かなりのぽちゃ・・

しかし今は、体重を約60kgまで落とすことに成功しました。

今回は、そんな私の実体験と科学的なエビデンスを踏まえながら、話を進めていきます。

また、そのときのダイエット経験を詳しく記事にしているので、そちらも参考にして下さい。

では、本題にうつりましょう!

運動してもダイエットは成功しない:経験談

結論は、「運動だけしても痩せない」です。

理由は、多くのデータが示しています

近年、各国で政府が運動の奨励を行っています。しかし、その割に運動人口の割合は増えているが、肥満の割合は減っていません。

このデータに関しては、以下の本で詳しく解説されているので、科学的な根拠に興味がある方はそちらを一読すると良いかもです。

また、私がこのデータを信じるに至った経験を紹介します。

経験談

部活動での経験

私は高校でかなり厳しい部活動に所属していました。

どのくらい厳しいかというと、部活終わりに1500m走を走らされるくらいには厳しい部活でした笑

こんな生活を3年間続けましたが、特段、痩せることはありませんでした。

この頃は、今ほど、ダイエットについて考えていませんでしたが、ずっと「なんで痩せないだろう?」とは疑問に思っていました

この経験と、現在のダイエット成功経験から、「やはり運動だけでは痩せないんだ」とこの科学的な根拠を信じるようになりました。

では、良く言われる、食べた分動けば太らないとはなんなのか・・

それについて、次から見ていきます。

運動してもダイエットは成功しない:カロリーについて

「摂取カロリーより消費カロリーを多くすれば痩せる」

良く言われる話ですよね・・

私も現在のジムに入会した際に、この話をされました。

この話は、食べた分のカロリーを運動でキャンセルできるという考えからきています。

では、茶碗一杯のご飯のカロリーを消費するためには、どのくらいの運動が必要なのでしょうか。

今回はランニングを例にとります。

茶碗一杯の白飯のカロリー = 30分のランニングの消費カロリー

かなり、アバウトですが、だいたいこの程度です。30分走ってこれだときつい・・・

つまり、ランニングで消費カロリーを増やすのは、非効率だし、きついことがわかるかなと思います。

 研究例 

長期にわたって実施された研究においても、運動が減量に及ぼす影響は限定的か、あるいは全くないことが示されています。

1つの例は、週5回600kcalを消費する生活を10ヵ月行ったものがあります。

計算上は、16キロ体重が落ちる計算でしたが、実際は、わずか4.5キロでした。

ちなみに、600kcalを消費するには、ランニングで言うと、90分必要です。冷静にきつ過ぎる笑

つまり、これから分かるのは、「運動だけでは痩せない」の再認識と「消費カロリーを増やして痩せるのは非効率」ということです。

 

この例も前章で紹介した著書で説明されています。

とはいえ、良い体を持っている人は、だいたい運動をしていますよね?

例えば、スポーツ選手やモデルさん、そしてボディービルダーの方達です。

どう見ても、体づくりと運動は関係しているように見えます。次の章では、そんな運動の効果ってなんなのということを見ていきます。

運動してもダイエットは成功しない:運動について

結論としては、「必須ではないけどやった方が良い(ダイエットが目的」です。

理由は、運動には「消費カロリーを減らす」だけではなく、別のダイエット効果があるからです。

それに関する記事を過去に書いているので、参考にしてみて下さい。

簡単に記事をまとめておきます。

運動の効果

・ストレス低減
・健康生活の習慣化

この2つの面から、運動はダイエットには「必須ではないけどやった方が良い」ということです。

注意なのですが、ここに書いているのは、ダイエットを目的としている場合の運動の必須性です。

カラダを大きくしたり、筋肉量を上げるには当然、筋トレは必須です。目的を履き違えないようにしていきましょう!

あくまで、ダイエットするならということです。

運動が必須では、ないことはなんとなくわかったと思います。では、ダイエット成功には何が必要なのでしょうか。

次は、それについて見ていきます。

ダイエットを成功させるには

結論は、「習慣の改善」です。

理由は、私達の体は、今までの生活習慣の末、成り立っているからです。

実際私は、「毎朝の微糖のコーヒー」の習慣をやめたら、体重が3キロ落ちました。

今思うと、これが自身の習慣を改善するきっかけだったと思います。

つまり、こういった少しの太る習慣を改善する努力がダイエットには必要になってきます。

しかし、難しいのは人それぞれ、ダイエット成功のために改善すべき習慣は違うので、一概にこれといえないことです。

元も子もないことをすいません笑 

ただ、真実なので、このように書きました。

理由は、「生活習慣は人によって違う」からです。

では、どうやって人と違う改善すべき習慣を見つければ良いのでしょうか。

方法は、「1週間の生活記録を取る」です。

これは、1週間の自分の食、運動等全ての記録をとり、何が健康に悪い習慣なのかを把握するということです。

食事で考えると、一般的に体に悪いとされているものは、例外なく実際に体に悪いことが多いです。

例えば、私の「微糖のコーヒー」もその1つです。

なので、改善すべき習慣は、1週間の記録をとり、自分の習慣について、これが良いことなのか、悪いことなのかを調べることで見えてくると思います。

でも、見つけただけでは意味がありません。

その習慣をやめ、健康的な習慣を作らなければなりません。

ぶっちゃけ、これがスーパーハードです!

なので、この方法に関しては、以下の記事で詳細に紹介しています。そちらをしっかり参考にして、習慣の改善に努めてみて欲しいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、運動してるのに痩せない人向けの記事を書きました。疑問に答える形で、まとめます。

疑問1:毎日運動しているのに、なんで痩せないの?

答え:運動だけでは、そもそも痩せないから

疑問2:ランニングを日課にしてるのに、なんで痩せないんだろう?

答え:ランニングで痩せるのはかなりきつい

運動すれば痩せると多くの人は思っていますが、勘違いですね。ダイエットに重要なのは、健康的な習慣を作り上げることにあります。

これからダイエットを本気で考えている方は、そこをしっかり意識していきましょう。今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。