部屋がシンプルになって気づいたこと〜片付けた先の話〜

こんにちは、もぐです!

今回は、私がミニマリストを目指して、部屋をシンプルにしていった結果、気づいたことについて書いていきます。

良くミニマリストは、モノがないだけの節約家みたいな見方をされがちです。

しかし、そんなことはありません。

もちろん、モノに縛られなくなるから、節約できるのはもちろんですが、その先には、「人生そのものがシンプルになる」というメリットが待っています。

そのことについて、今回話していこうと思います。

また、そんな私は、取り憑かれるように部屋のモノを捨てました。その部屋が以下のようになっています。

普通の人から見たらつまらない部屋に見えるかと思います。

しかし、私にとっては最高に居心地が良く、またこの部屋を手に入れたことで、人生がシンプルになり、人生そのものが変わり始めてます。

なので、今回の記事は、今の生活になんとなく、生き詰まりや不満を感じている人にこそ、読んで欲しいです!

そして、そんな方達が、「ちょっとモノを捨ててみようかな」と思ってくれたら、最高に嬉しいです。

では、本題に入りましょう!

部屋がシンプルになって気づいたこと:無駄の多さ

自分の生活がどれだけ、無駄に溢れていたかが分かりました。

具体的な無駄の例をあげていきます。

生活の無駄の例

・服を選ぶ時間
・帰宅後、やることを迷う時間
・片付けの時間
・余分な収納
・好きでもない家具
・絶対に着ない服
・会社のデスクを掃除する時間

など、あげればきりがないほど出てきます。

そもそもの無駄の多さと同時に、こんな無駄なことのメンテナンスに多くの時間を割いてしまっていたということに同時に気づきました。

今は、上記の無駄がなくなったことで、その分、やりたいこと、やらなければならないことに取り組む時間を増やすことができました。

その結果、起きたことをまとめます。

  1. ブログの更新頻度が増えた(週3→週6)
  2. ジムに行く頻度が増えた(週1→週3)
  3. Youtubeを始められた
  4. GoProでの動画作成にも挑戦中

もちろん、これは無駄な時間が減ったことだけが原因ではありません。

モノを減らしたことで、自分がしたいこと、すべきことがわかり、それに集中しようという強い気持ちのおかげでもあります。

ただ、確実に言えるのは、モノを減らさなければ、時間も増えなかったし、自分がすべきことも見つかりませんでした。

だから、もし今、やりたいことがあるけど時間がないと考えていたり、また自分の本当にやりたいことがわからないという人は、まずモノを減らしてみましょう!

そうすれば、確実に時間は増えるし、もしかしたら、やりたいことも同時に見つかるかもしれません。

ぜひ、モノを捨てましょう!

部屋がシンプルになって気づいたこと:余白の重要性

ここで言う「余白」は、部屋の空間的な意味もありますが、時間的な余白という意味もあります。

部屋の余白は、当然ながら、モノを捨てたことで生まれるのは、わかると思います。

そのおかげで、掃除がしやすくなったり、どこにモノがあるかがわかるようになり、探し物のの時間も減ります。

もちろん、これもモノを捨てることの大きなメリットだと思います。

しかし、それ以上に大きいのが、「時間の余白」です。

前章で述べたように、モノを捨てることで、自分のやりたいこと、ややるべきことが見えてきます。

そこで、自ずとその時間は意識して、確保するようになります。

そうすると、わかってくるのが、「まだ時間がある」ということです。

これは、経験談で、特に休日に限った話にはなりますが、ふとこの感覚におそわれます。(平日はサラリーマンなので、仕事とやりたいことの両立で手一杯笑

そこで、最近の私の休日のスケジュールを以下に示します。

7:20 起床

7:30 英語勉強
↓ 
8:30 朝ごはん用意、休憩

9:00 コーヒー入れる

9:30 ブログ書き始める

12:00 ブログ書き終わる、お昼とジムの準備

13:00 ジム出発

13:45 トレーニング開始

15:00 ジムトレ終了、カフェへ

15:30 読書開始

16:30 読書終わり、帰宅

17:00 だらだら、夕飯

18:30 やること終了・・・

このように、休日は、やりたいことを詰め込みますが、18:30にはだいたいやりたいことがやり切れるといった感じになってます。

つまり、大きな時間の余白が生まれます。

しかし、まだ寝るには早いし、せっかくの休日だから何かしたいと思うのは普通ですよね?

すると、「自分のたまに何かできることはないか」「もっと、これを極めるにはどうすれば良いか」「もっと人生を良くするにはどうすれば良いか」

といった、自分と対話する時間を持つことができます。

これによって、さらに「やるべきこと」「やりたいこと」が深掘りされ、さらに今取り組んでいることをどんどん加速させることができます!

つまり、モノを片付けることで、何かをなすのに十分な時間を手に入れることができる可能性があるということです。

特に、自分のようにモノが多かったり、時間の無駄をしていた人は特にです笑

なので、今の満足しない生活を変えたい、少しでも人生を良くしたいという人は、時間の余白を持つためにも、まずはモノを捨てましょう!

そして、モノがなくなり、部屋が綺麗になれば、自ずとやるべきことが見えてきます!

ぜひ、勇気を持って行動、そしてモノを減らしましょう!

今回の話は以上です。読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。