自己分析は大切という話~年収1000万のサラリーマンが語ります~

どうも、もぐです!今回は就職活動が本格化する時期なんで、筆者が思う自己分析の仕方について話したいと思います。

巷の「自己分析」ってうさんくさくない?笑

世間的な自己分析をばかにするつもりはありません笑

ただ、就職活動時期にほぼすべての就活生が感じる・・・・

「自己分析ってやる意味あるの?」

これの答えは現状の就職対策本、または大学のキャリアセンターにはないと筆者にはないと考えています。

うさんくさい理由 ~筆者的な考え~

あくまで個人の意見なのですが、巷の自己分析は「会社対策用自己分析」だからうさんくさのかなと・・・

例えば、ESに良くある「学生時代頑張ったこと」

これの答えを探すために、自己分析をします。さらに、これを志望企業ごとにアレンジを加えます。方法はググれば、死ぬほどヒットするのでそちらを参考にしてください笑 実際に筆者も頻出質問に対して、最低2つはエピソードを用意し対策をしていました笑

たしかに、大企業に入るには大正解の対策だと自分も思います。

まるでテスト対策です笑 ぶっちゃけ筆者は得意分野でした笑

ただ、就職活動といった試験の次に、待っているのは40年以上の社会人生活です。学生のときのように、大きな区切りはありません。それをこんなあさはかな対策で終わらせていいわけがないんです。定期テストや受験対策じゃないんですから!

本当にやりたいことを見つけるのが自己分析

世の中の就活生には様々なパターンが存在すると思います。

1.やりたいことがないからとりあえず就職する人

2.なんとなくやりたいことがあって、それができそうな企業を目指す人

3. お金がとにかくほしい人

4. 明確な憧れの将来ビジョンがあって、そこから逆算した企業を目指す人

5. 死ぬほど憧れる企業や生き方がある人

挙げるときりがないですね!完全におおまかなやつなので参考までに。筆者は2と3あたりでした。4と5に当てはまる人はかなり幸せだなと思います。どちらもどうしても手に入れたいものがある人たちです。こういう人たちは、強い思いをもって就職対策をきちんと行うことで、夢をつかみやすくなるので是非憧れの将来をつかんでほしいです!

問題はそれ以外笑

というか世の中の人はだいたいこれに当てはまると思います笑 このパターンの人は本気で自己分析するべきです!自分の将来に責任を持つために!後悔しないために!

「本当に働きたい?」

これがキャリア形成の始まりかつ、本質の質問だと筆者は勝手に思っています!

いや働きたいわけないじゃん!

そんな声がイヤホンから聞こえてきそうです笑 でも実際には、働きたい人が世の中にはたくさんいます。「本気で愛する人ができてこの人を守りたい」「生計を立てないと死んでしまう」など、様々な理由があると思います。

でも、世の就活生(特に大学生)は働きたくないと答えるんではないでしょうか。筆者もその一人でした。本当に贅沢な悩みですね。でも本音だからしょうがないと筆者は考えています。大事なのは、それで終わりにするのでなく、なんで働きたくないのかを考えることではないでしょうかここに正直になるのが、幸せな人生を形成するための「本当の自己を分析する」ということだと思います

本当の自己分析に必要な考え方

わがままに!正直に!

本質かつ最高に難しいマインドセットです笑 

でもこれがめちゃめちゃ大事なことです!絶対に忘れずにやっていきましょう!

体裁があったり、経済事情、家庭事情多くのことが絡まってくるのが就職活動です。そこで、自分にウソをついてしまうかもしれません。「ほんとは都内で働きたいけど、家族のもとを離れられない事情があって、地元で就職は大前提」とか・・・・

一回忘れましょう!!!!

自己分析は自由だし、無料です!そして、待っているのは間違いなくあなた自身の将来です!

「メモの魔力 著:前田裕二」

最強の自己分析の教科書です!!

自分の就職活動のときにこれがこの本があればと本気で思っています!!圧巻のメモ術と自己分析のノウハウが詰まってるので是非、就活生は読んでください!合説に行くよりは非常に有意義です笑

方法論的な部分は、この本を読めば間違いないと思います。ただ、この本にあることを実践する前に先ほどのマインドセットが大事なことを思い出して、欲しくて記事にしました。特に、漠然とやりたいことがある人の場合、それに寄せた自己分析をしがちになってしまいます。これは、危険なことです。実際に、筆者がこのパターンでした。そして、今人生の再構築をしている最中です。このお話は、また別に記事にしようと考えているので、是非読んでくれると嬉しいです!

それでは、わがままに・正直に自己分析していきましょう!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。