ダイエット中の甘いものを合法化する方法

こんにちは、やなです!

今回は、ダイエット中の甘いものとの付き合い方について記事にしていきます。

ダイエット中だって、甘いもの食べたい!」と考える人は多いですよね・・

私もその1人ですね・・・笑

でも、当然甘いものはダイエットの敵です!

とはいえ、敵だからといって、全く食べないで過剰に我慢し過ぎてしまうと、あとで反動が来ます・・

反動の種類は色々かと思いますが、最終的に待っているのはリバウンドですね・・

実際、私自身もなんども過剰に甘いものを制限したダイエットを行い、失敗してきました笑

そんな多くのダイエット失敗経験から、甘いものとの付き合い方を工夫するようになりました!

その結果、10キロダイエットに成功した後も、その体型を維持、さらにはアップデートすることができています!

今回の記事では、私の実際の経験談を中心に、ダイエット中の甘い物との付き合い方を深掘りしていきます。

なので、今回の記事の想定読者さんは、こんな人達!

1. ダイエット中に甘いものをどうしても食べたい人
2. 甘いものが食べた過ぎてダイエットを諦めそうな人
3. 無理をしないダイエットをしたい人

です!

そんな皆さんのダイエットの手助けになればと思い、話を進めてきます。

また、私自身ダイエットを通じて、大げさじゃなく人生が変わったと思っています。

それは、努力次第で体は変えることができることを知ることができ、自信がついたからです!

なので、今、ダイエットに挑戦している皆さんも、諦めずにそのダイエットをやり遂げて欲しいと思います。

その中で私の記事が役に立つならこれほど嬉しいことはありません!

少し話が本題からずれてしまいました。話を戻して、「ダイエット中の甘いものとの付き合い方」についてみていきましょう。

ダイエット中の甘いものを合法化する方法①:食べて良い甘いもの

もちろん、なんでもかんでも食べて良いというわけではありません笑

そして、基本的にダイエット中の甘いものは敵です!

しかし、その中でも、食べて良い部類のものを以下に3つ紹介します。

1. ダークチョコレート
2. プロテインバー
3. 和菓子

この3つですね!

これらに関して、個別に解説をしていこうと思います。

ダークチョコレート

ダークチョコレートは圧倒的にオススメです!

なんなら積極的に食べたほうが良いレベルです。

理由は、「ポリフェノールの量」です!

特に、カカオが70%を超えているものはかなり有効で、その抗酸化作用から生活習慣病の予防にもなるので、メリットありまくりの甘いものです!

ただ、注意点は量です!

ポリフェノールが多いからといって、バカ食いしたら当然太ります笑

また、量に関して適切な値を伝えるのは難しいのですが、私自身は小包装のものを5個くらいは食べていますね・・

それでも、リバウンドをしていないので、参考にはなるかと思います!

ぜひ、ダイエットのおともにしてみて下さい。

プロテインバー

プロテインバーはまあまあオススメといった感じですね!

タンパク質をたくさん取れるのは良いのですが、基本はお菓子です笑

食べ過ぎは禁物!

また、プロテインバーに関しては、かなり詳しめに食べ方の工夫を記事にまとめているので、そちらを参考にするとわかりやすかと思います。

和菓子

和菓子は、トレーニングとセットならオススメという感じです!

大福やきんつば等は、糖質は多いもののほとんど脂質がありません!

そのため、筋トレ後に食べると、筋肉の回復を早めることができる効果があり、より筋肉の発達に有効です。

ただ、こちらもケーキやアイスといった洋菓子よりましというだけです笑

さらには、運動とのセットですね笑

かなり制約が強いように思えるかもしれませんが、筋トレ後のご褒美に食べれるとしたら悪くないと思います!

ぜひ、参考にしてみて下さい!

ダイエット中の甘いものを合法化する方法②:やはり運動

やはり運動は重要になってきます!

もちろん、ただ体重を落とすだけなら、食事制限でも十分効果があると思います。

というか、一般の人ならそれで全く問題ない!

とはいえ、それだと常に減量食、ダイエット食を食べることになり、ダイエットが続かない理由になりがちです。

つまり、自分にご褒美をあげる意味でも、「運動をしてその日は少し食べたいものを食べれる日」とすると、継続可能性がぐんと上がります!

また、運動の効果はそれだけでなく、メンタルにも良い影響がたくさんあります。

これも何かとストレスのかかるダイエット中にはかなり重要なことだと思います!

運動の効果については、以下の記事でまとめているので、もっと知りたい人はどうぞ!

また、運動のタイミングは自分で決めて良いかと思います!

運動を頑張りたいなら、先にご飯を食べてから運動しても良いですし、運動のご褒美としてご飯を食べたいなら、運動後がオススメですね!

また、この時に食べるご褒美の注意点を書いて、記事を終えようと思います。

注意点は、「脂質には気をつけろ!」です笑

基本的にこのタイミングで食べるべきは、運動のパフォーマンスをあげたり、または筋肉を回復させられるものです。

そのタイミングで、ケーキを食べてみたり、アイスクリームを食べるのは違います笑

オススメは、普段量を減らしてるご飯を普通に茶碗いっぱい食べるとか、デザートに和菓子やプロテインバーを食べるとかですね!

ちなみに、どれも私自身が実践していることです!

ぜひ、このあたりに注意しながら、ダイエットを頑張って見てください!

今回の記事では、ダイエット中の甘いものとの付き合い方について解説してきました。

基本的にダイエットは継続できなければ意味がありません!

なので、そういった意味でも上手に甘いものと付き合う技術を身に付けるはめちゃくちゃ大事です。

そういった自分の食欲を管理できるようになると、ダイエット成功も目の前です!

その成功の原因に、私の記事がなることができたら幸いです!

今回は以上です!読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。