5ヶ月間、プログラミングを勉強してみた話(HTML・CSS)

こんにちは!もぐです。

今回はタイトル通り、プログラミング勉強を始めた話をしていきます。

キーワードは、「やってみることが大事」です。

プログラミングって楽しい?

結論から言うと、始めは異様につまらないです笑

こんな感じのものをひたすらタイピングしていきます。まあ、楽しさとは程遠いかと笑

私は、プラグラミング系インフルエンサーのマナブさん(@manabubannai)のブログ記事の中にある「プログラミング学習の始め方」を参考に勉強をスタートしました。

いくつか教科書を読んだ後、Progateとドットインストールといった動画学習教材を使って、コードを書く練習をしていました。しかし、中々習慣化して勉強するのが難しく、苦労しました(今もですが笑)。

ただ、勉強を怠けつつも続けていく中で、自分のやりたいことがはっきりしてきました。その中で、改めてプログラミングが必要かつ重要になることが分かり、今では勉強の習慣化に成功しました。

プログラミング勉強の目的

勉強を始めた当時の目的はかなりアバウトなものでした。

  • 個人で稼ぐ力をつけたい
  • 会社に縛られた生活がいやだ

こんな理由から、英語・プログラミング・発信の勉強を同時に始めました。他、2つに関しては別の機会に記事にしたいと思っています。

ただ、アバウト過ぎてどうにもやる気が出ず、かなりロースピードの勉強を最初の3ヶ月はしていました。

転機は「夢の具体化」ができたことと「プラグラミングでできることが少しだけ分かったこと」で起きました。

夢とプログラミング

まず、について話します。

私の夢は、地元に最強の寺子屋を作って、地元を盛り上げることです。

私が考える寺子屋は、「地域の学習プラットフォーム」です。これは、学びたい人が好きなことを学ベる場所です。

この夢が具体的になったことで、その寺子屋の作り手が需要しかないプログラミングが分からないわけには絶対にいかないと考えるようになりました笑

次に、プログラミングに関する知識がついたことについてです。

プログラミングの勉強を始めたのも、プログラミングがやりたい訳ではなく、個人で稼ぐ力をつけたいと考えたからでした。そのため、プログラミングで何ができるかなど全く分かりませんでした。

ただ、少しずつでも勉強していくと、「へぇーこんなおしゃれなサイトでも意外に簡単に作れるんだ!」とか、「てことはあれもできる??」とか、色々思考が巡るようになりました。

それにより、自身の夢の実現に不可欠であることを認識しました。具体的には・・・・

  1. 寺子屋のWEBサイトを自主作成したい
  2. 最強の寺子屋の時間割の一つに確実にできる
  3. 副業にもかなり有効

といった部分です。これが明確になったことで、勉強のモチベーションが爆上がりしました。

とりあえず、今年中にプログラミングで1万円稼ぐことを目標に頑張ります!

まとめ

これはあくまで筆者のパターンです。皆さんに同様に当てはまるかは分かりません。

しかし、行動することにより、見えてくるものを必ずあります。何か現状を変えたいという気持ちがあるのであれば、未踏の地に裸で攻めていくのもありかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。