『2019年度版 アラバキロックフェスの駐車場・服装・会場の様子まとめ』

こんにちは!もぐです。

先日、初めて宮城県のみちのく公園北地区で行われるアラバキロックフェスに参戦してきました。そこで、このフェス特有の駐車場や服装の注意点に関して、まとめました。

ちなみに、私は大学1年からフェスに行き始めて、今年でフェス歴7年目になります!その経験から他フェスとの比較もしながら、話を進めていきます。

まずは1番要注意の駐車場についてです。

公式の駐車場に要注意

公式の駐車場情報を示します。

種類 値段 会場までの所要時間
P1(2日通し券のみ) 6000円 徒歩10~20分
P2~P4(2日/1日) 5000円/2500円 無料シャトルバス10~25分
P5(2日/1日) 5000円/2500円 無料シャトルバス40~50分

値段はそこそこする上に、会場からもかなり離れているのが分かると思います笑

また、ロッキンジャパンフェスと違い、駐車場券付きチケットの販売がないのも要注意です。そのため、駐車券を別で購入しなければならないため、買い忘れが起きます。実際、今年の私がそうでした笑

思い出した頃には、駐車券は売り切れになっているので、最悪です。

安心してください、民間駐車場がありますよ!」という話を次からしていきます!

アラバキ攻略は民間駐車場から!

結論から言うと、民間駐車場がたくさんあるので、わざわざ公式の駐車券を血眼に探す必要はありません!

ロッキンやスイートラブシャワーと比べても明らかにたくさんの民間駐車場があります笑

おそらく運営側も民間がないと、全ての車を収容できないため、容認しているんだと思われます。

ちなみに、「今年私が駐車させていた所は、値段:1500円、会場までの所要時間:徒歩15分程度」でした!

民間駐車場の上手な使い方

民間駐車場の相場を以下に示します。

値段 会場までの所要時間
1500円〜2500円 約20分

相場はこのくらいです。公式と比べて、かなりお得だと思います。さらに、これを上手に使うための注意点が2つあります。

1つは、駐車場の位置です。

車で会場に向かうと、川崎農産物直売所(会場から約3.5km付近)あたりから車の混雑が始まります(9時半くらいの場合)。だいたい、ここからのろのろと運転し、30分程度で会場に到着します。

また、同時にこの辺りから民間駐車場が出現しはじます。これが注意です!!

この辺りを利用してしまうと、徒歩で会場に向かうと40分はかかってしまいます。

駐車場は会場付近の方がたくさんあるので、渋滞はうざいですが、焦らず行動しましょう。

もう1つは、SNSの利用です。

時期は不明確ですが、フェスの開催決定・チケット販売開始辺りのタイミングで、民間駐車場運営側がツイッター等のSNSで予約を始めるかと思います。これを使えば、当日も焦らず、行動できるかと思います。

こういったSNSでの民間駐車場の予約は不安という方もいるかと思います。

私も同じです笑 ただ、今年私が参戦した際には、SNSで駐車場を予約し、円滑に会場入りできました。また、駐車場の運営者は会場付近の畑等をもつ一般の方です。だから、安心してと簡単には言えませんが、それを踏まえて当日見つけるか、事前に見つけるかは選んでみて下さい。

また、フェスでのSNSの利用は、会場の様子が分かったり、チケット探しにも有効になるので、ぜひ上手に使って見て下さい!

次は、フェスの当日の服装についてです。

気温変動に要注意

開催月の4月の宮城は意外と寒いです笑 特に野外は!!

アラバキには、室内の休憩エリアはありません。テントを用意する以外は、服装で気温変動に打ち勝つしかありません。

派手に動き回る予定(モッシュやサークルに参加)のない方は、厚着にこしたことはありません!

参考に、今年の私の格好を書いておきます。

上:ヒートテック+Tシャツ+マウンテンパーカー(結構厚めのやつ)

下:下着+タイツ+半ズボン

フェスの次の日、風邪引くのは最悪ですので、寒さ対策はしっかりして下さいね!

では、最後に会場の様子について話していきます。

会場の様子

メインの各会場についてです!

各会場は、他の野外フェスと比べるとやや小さいイメージです。そのため、ライブハウスの感覚を楽しめ、またアーティストを近くに感じられると思います。ちなみに下の写真は、今年のメインステージであるみちのくステージの様子です。

また、会場内にはサブカルおしゃれ男子・女子の心をくすぐるショップも出ています!有名な店舗ですと、CHUMSやKEENが出店していました。

肖像権の問題もあるので、良い写真ではないですが、こんな感じです笑

また、宮城という気候柄、各所に桜が残っているので、お花見も楽しめますね!

まとめ

まとめると、おしゃれフェス感強いです笑

ロッキンやラブシャとはだいぶ雰囲気が違い、ライブキッズは少なめで、昔キッズだった大人達がゆったり楽しんでいる感じでした!

駐車場、服装と注意点はあるものの、音楽好きカップルのフェスデートにも最適化と思います。

フェスの後は、仙台で夜も楽しめるので、おすすめです!ぜひ参加して見て下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。