[経験談より引用]プロテインを飲むとお腹を壊す人向けに飲み方を解説

こんにちは、やなです!

今回は、私の長きにわたるプロテインとの付き合いから、プロテインを飲むとお腹を壊す人向けにプロテインの飲み方を解説していきます。

なので、この記事の想定読者さんは、こんな方達です!

1. プロテインを飲むと、毎回下痢に苦しむ人
2. プロテインを飲むと、毎回便秘に苦しむ人
3. プロテインを飲むと、毎回お腹が痛くなってしまう人
4. これからダイエット等で、プロテインを飲みたい人

です!

私がこんな記事を書いているのは、私自身がダイエット中に圧倒的に上の1,2,3のような悩みを持っていたからです!

そして、様々な試行錯誤を繰り返しお腹の調子が悪くならない方法を勉強しまくりました。

その経験と知識から、導いたプロテインとの各症状における付き合い方について解説していきます!

今はこの経験と知識が身についたことで、ほとんどお腹のトラブルは起こさなくりました!

そんな私自身のダイエットというかボディメイクの経験は、約2年くらいになりますね!

そして、現在の体型と知識のベースを作ったのが、10キロダイエット成功の経験です。

その時の詳細な経験に関しては、以下の記事でかなり熱く語っているので、参考にしてくれたら泣いて喜びます!

また、この記事を読んでくれている方は、自身の体型を変えたり、またはダイエットに挑戦するために「プロテインを飲んでみたけどお腹痛い・・」みたいな方が多いと思います。

そんな人達の悩みが少しでも解消されたら、めちゃくちゃ嬉しいです!

ここで今回話す内容を一旦具体化して、まとめます・・

「お腹を壊さないためのプロテインの基礎知識」

「症状別のプロテインの飲み方」

「今の私のプロテインの飲み方と1番大事なこと」

です!

そして、少し話をそれるのですが、私自身ダイエットに成功することで大げさではなく、人生が変わってきています。

それは努力次第で体型は変えられるということが分かり、自信がついたことで、行動量が上がったことにあるかなと考えています!

また、それについても詳しく記事で書いているので、お時間ある方はどうぞ!

この経験からも、今、ダイエットに挑戦してる方は絶対に諦めないで欲しいです!

そして、それが「プロテインが合わないからやめた」なんてもったいな過ぎる笑

継続できれば、絶対体は変わるし、人生も少し良くなります!

この記事がその助けになることを祈っています!

では、少し話がそれましたが、本題に移りましょう!

プロテインを飲むとお腹を壊す人向けに飲み方を解説①:基礎知識

まずは、ザクっとプロテインの種類について解説します!

おそらく、みなさんが市販でよく目につくのが、以下の3つです!

1. ホエイプロテイン

2. ソイプロテイン

3. カゼインプロテイン

それぞれについて、解説していきます。

ホエイプロテイン

基本的には、みなさんが飲んでいるプロテインはこいつに該当するはずです!

ザバスのこれなんか良く薬局にある気がしますね!

基礎的な説明をしますと、ホエイプロテインは牛乳に含まれるタンパク質の一部です。

そして、それを精製したものと考えるのが良いかと思います。

また、どのプロテインよりも多くのアミノ酸を含んでいるので、筋トレするにもダイエットするにも、健康を維持するにも、基本はこれって感じです!

ただ、注意として製法に違いがあるということです!

それがWPCとWPIという謎のアルフベットで表される製法です笑

それでは、それぞれ解説します!

●WPC(WHEY PROTEIN CONCENTRATE)

簡単に説明すると、濃縮されたプロテインで、牛乳成分(乳糖)を多く残したプロテインです。

つまり、1番多くのアミノ酸、栄養成分を一気に取れる代物で、タンパク質の含有量は80%以上が目安だそうです。

上のリンクのプロテインがこれに当たります!

●WPI(WHEY PROTEIN ISOLATE)

こちらは、さらにWPIを精製し、よりプロテインを濃縮したやつです!

その製法のため、牛乳成分(乳糖)などのタンパク質成分以外のものは、ほとんど含まれていないプロテインになります。

ちなみに、タンパク質の量は90%以上と半端ない笑

ただ、値段はWPCのものと比べると、高くなりますね・・

こちらは、市販ではないですが、例を上に貼っておきますね。

ソイプロテイン

こちらは、名前の通りで分かりやすく、大豆由来のプロテインですね!

植物由来のため、牛乳成分(乳糖)を含まないプロテインで、大豆に含まれるイソフラボンの効果などが期待できますね。

ホエイ」と「ソイ」のどっちが良い論は賛否があり、プロの方達もいろんなことを言っていますね笑

違いとしては、吸収速度には差があり、ソイの方がホエイより遅いですね。なので、ダイエット効果は高いという説もあります。

また、逆に含有アミノ酸の違いから、ホエイの方が筋肉合成に優れているということが科学的にわかっています。

一応、こちらも参考の商品のリンクを貼っておきます。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインは、牛乳から脂肪と先ほど説明したホエイを分離したあとに残る、不溶性のタンパク質です。

ホエイとの違いは、圧倒的に吸収力の差です。

ホエイプロテインが2時間程度で吸収されるのに対して、カゼインプロテインは7時間程度と約4倍です!

こちらも考え方次第で、吸収が遅いので、お腹が空きづらいというダイエット的なメリットもありますが、逆に遅いのが理由で、トレーニングに合わせた飲み方がしづらいというデメリットもあります。

こちらもリンク置いておきます!

基本的な知識に関しては、この程度で十分かなと考えています。とはいえ、たくさんあったと思うので、まとめます!

<まとめ>

・プロテインの種類は、ホエイ・ソイ・カゼインの3種類
・ホエイには製法で、WPCとWPIに分かれる
・ソイ以外は、牛乳(乳糖)由来
・使い分けはプロでも話が分かれる

では、次よりこの記事の本題である、プロテインを飲むとお腹を壊す人向けの話をしてきます。

プロテインを飲むとお腹を壊す人向けに飲み方を解説②:症状別の対策

冒頭にあげた症状別に話をしていこうと思います!

まずは、お腹がゆるくなってしまう人向けです

プロテインを飲むと、毎回下痢に苦しむ人

こちらの理由は、「牛乳成分(乳糖)」にあると考えられます。

つまり、今飲んでいるプロテインが「ホエイ」か「カゼイン」であることが大きな理由だと考えられます。

この症状のことを、「乳糖不耐症」と仰々しい名前がつけられますが、基本的には牛乳でお腹痛くなる人にありがちです。

なので、そう言った場合は、プロテインを摂取するなら、「ソイプロテイン」に変えるが有効な手段ですね。

ただ、筋トレをこれから頑張りたい人でどうしても筋肥大に効果のあるホエイプロテインを飲みたいという人もいますよね・・

それに関する対策は以下になります

それでも筋肥大したい人へ

オススメは、BCAAまたはEAAの摂取です!

こちらはより、プロテインよりも筋肥大に必要なアミノ酸のみで構成されているため、かなり筋肥大に有効です。

また、必要なものしか入っていないので、牛乳成分(乳糖)も入っておらす、消化吸収も良いので、乳糖不耐症の人も問題ないかと思います!

また、私の経験からも、EAAまたはBCAAだけ飲んだ日で、お腹のトラブルが起きたことはありません。

興味がある人のために、私が普段使っているEAAのリンクを貼っておきます!

プロテインを飲むと、毎回便秘に苦しむ人

こちらの理由は、「消化不良」にあると考えられます!

こちらの場合は、「ホエイのWPC」を飲んでいる可能性が高いです。

WPCはプロテインに含まれる全てのアミノ酸や栄養を含んでいますが、それがゆえに人によっては、その成分を消化できない人がいます。

そのため、消化不良を起こすパターンがあります。

ちなみに、私がこれですね笑

なので、この場合は、「WPI」を飲むことをオススメします!

事実、私自身、WPIに変えてからかなりお腹の調子も改善されました!

また、他のプロテインを飲むという作戦もあるのですが、基本的にはどのプロテインも消化速度が遅いです。

ということは、消化しづらいということなので、私のようにお腹が弱い人にはオススメしません・・

プロテインを飲むとお腹を壊す人向けに飲み方を解説③:私の飲み方と1番重要なこと

最後は、現在、私が行っているプロテインの飲み方プロテインとの付き合い方で重要なことを話して記事を締めたいと思います。

まずは、「プロテインの飲み方」についてです!

プロテインの飲み方

私自身、WPIに変えてからお腹の調子はかなり改善しました。

しかし、お腹の調子が改善したのは、飲む種類を変えただけでなく、「飲む量」と「飲むタイミング」も調整しました。

●プロテインを飲む量

お腹の調子が悪い頃の私は、憧れのボディビルダーのようにかなりの量のプロテインを1回で摂取していました。

量にすると、だいたい「50〜60g」ですね。

人によっては、「えっ少な!」と思われるかもしれませんが、これでも私のお腹は壊れます笑

ただ、皆さんの中にもそんな人たちがいるんではないでしょうか?

そう言った人たちは、無理せず量を減らしましょう!

これは人によって、個人差があるので正解はわかりませんが、私の場合は、1回で「20〜30g」が良いところのようです。

より健康で、そしてかっこいいまたはかわいい体を目指して、ボディメイクしているのに、お腹の調子が悪いのは、健康ではないですよね笑

自分の体の適量を見つけるのも、体づくりをする上で重要だと思うので、ぜひチャレンジして下さい!

●プロテインを飲むタイミング

基本的な飲むタイミングは以下の3つですね!

・トレーニング前
・トレーニング後
・夕飯の後のデザートとして

基本的に私は筋トレが趣味なので、トレーニングの効果が最大限出るようなタイミングに加え夕食の後のデザートとして飲んでいます!

単純なダイエットを考えるなら、オススメは以下のようになります!

・朝ごはんの代わり
・夕飯の後のデザートとして

です!

やはりプロテインは、消化速度が遅いため、かなり満腹感が得られます!

それを利用して、朝ごはん代わりに飲めば、1日お腹が空きづらい状況を作れます。

また、夕飯の後のデザートとして使うことで、本物のデザートを食べるリスクを減らせます笑

プロテインとの付き合い方で重要なこと

伝えたいのは、「お腹の調子が悪いのは、プロテインが理由じゃないかもしれないということ」です。

おそらく、プロテインを飲もうとしている皆さんは、ダイエットやボディメイクのために、多少なりとも食事の量を減らしているかと思います。

それが原因で、消化に重要な栄養が取れていないことも考えられます。

それに加え、ダイエットのストレス、またはそれ以外の仕事や学校での悩みなど、精神的な部分も消化(腸の活動)には大きな影響を与えます。

皆さんも仕事がない日は、お通じが良いなという日がありますよね?

また、それ以外にも重大な病気の可能性だってなくはないと思います。

なので、まずは私の記事を参考に、プロテインとの付き合い方を見直し、それでも改善されなければ、違う部分に問題がある可能性もあるので、しっかりとそこを見定めるようにしましょう!

今回は、プロテインを飲むとお腹を壊す人向けに飲み方を経験談から解説してきました!

今回の記事が、少しでも皆さんのダイエットライフ、またはトレーニングライフの役に立てばと思います。

今回は以上です。読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。