筋トレ

【筋トレが続かないは甘え?】社会人にこそ伝えたい5つの継続の極意

2020年5月6日

悩んでいる人
悩んでいる人

・筋トレが続かない...ツラみ...
・社会人になってから仕事が忙しくて筋トレが続かない....



そんな悩みに社会人になってから筋トレを初め1年になり、週5〜6回筋トレをしている私が答えていきます!



私の筋トレを始めてからの変化はこんな感じ・・・・

大学時代の私



上が大学生時代の私の写真ですが、控えめにいってポテポテ感がやばい・・笑



それが筋トレを始めると・・

(左:筋トレを知る前 右:筋トレを知った後)



かなり顔面にも体型にも変化出てきました!



体の変化を現在まで追ってみるとこうなります!

私の筋トレによる体の変化
筋トレ1年間での体の変化

 



世間にはもっとすごい変化をしている人もいるけど、自分なりには体を変えられています!



こんな変化を起こせたのもほとんど毎日筋トレをすることができた結果です!



ただ、そんな私も学生時代は三日坊主の神でした....笑



ダイエットを初めては止め筋トレを初めては止めるを繰り返していました。



でも社会人になってから今回お話しする「筋トレを続けるための5つの極意」を実践したところ、筋トレが続けられるようになりました!



なので、「筋トレが続かない....」と悩む社会人にはぜひ最後まで読んで欲しいと思います。



では、最初に結論からお話しすると「筋トレを続けるための5つの極意」は以下の通りです。

 

  1. 朝にトレーニングメニューをSNSで発信
  2. トレーニングウェアを着て出勤
  3. 筋トレキャラを会社で確立
  4. 毎日少しでもやる
  5. ご褒美を作る

 



となります。なので本文でこの5つの理由の深掘りとそもそもなぜ筋トレが続かないのかについて解説していきます。


では早速本題にいきましょう!

 

筋トレが続かない3つの理由

 

まずは筋トレが続かない理由について解説していきます。

 

上記のツイートにあるように筋トレを1年続けられる人の割合は4%というデータがあるそうです。

 

つまり、筋トレって続けるのがめちゃくちゃ難しいということですね..笑

 

しかし、逆に考えればこの続けるのが難しい理由を理解して、しっかりと対策し、筋トレを続けられれば上位4%に入れちゃうわけです。

 

なので、この記事を機会に原因と対策を考えて、4%に入ったりましょう!

 

まず原因である筋トレが続けられれない理由を、週5〜6の筋トレを1年続ける私の経験から考えると以下の3つです。

 

  1. 習慣化できていない
  2. 優先順位が低い
  3. きついトレーニングをし過ぎている

 

では、それぞれ解説をしていきます!

 

理由①:習慣化できていない

 

経験上、筋トレ続かない理由の大部分が「習慣化」できていないことがあげられます。

 

つまり、筋トレをするのが当たり前という状態に持っていけていないということです。

 

実際、私も学生時代は筋トレをすることが自分にとって「特別なこと」または「頑張ること」という意識で筋トレに挑戦していました。

 

しかし、この意識の状態だと少しバイトや仕事で疲れているとやらない言い訳が浮かび、それに負けてしまっていました..

 

 

ただ今では、「筋トレをするのが当たり前」という意識に変えることができたので、ほとんど毎日筋トレをすることができています!

 

その時に意識したことに関してはこの記事の後半でお話しするので、気になる方はこちらのリンクから先に読んじゃって下さい!

 

理由②:優先順位が低い

 

筋トレの優先順位が低いのも筋トレが続かない大きな理由ですね。

 

スマホゲーム、テレビ、飲み会などの誘惑の方が自分にとって優先順位が高くなってしまうとなかなか筋トレを続けるのは難しいですね..

 

「テレビ見てから筋トレしよう!」とか「ゲームをあと10分やったらジム行こう!」

 

この意識で筋トレができた経験ありますか?(いや私はない..笑)

 

 

しかし、筋トレだけでなく何かに時間を使うということは何かの時間を代わりに使うしかありません。

 

もちろん筋トレのために娯楽を全部やめろという訳ではありません..笑

 

ただ、かっこいい体が欲しいと思うなら、今無意識にやっている時間の浪費は減らさなければなりません。

 

もし今テレビ・Youtube・スマホゲームの3種の神器に時間を使っているならまずはテレビをやめるといった少しの変化からはじめましょう!

 

そうやって少しずつ筋トレに使える時間を増やすことで必ず筋トレは続けられるようになるはずです。

 

理由③:きつい筋トレをし過ぎている

 

これは筋トレ初心者にありがちなことで、ジムに来た日に全力を出し尽くしちゃうパターンです。

 

せっかくジムに来たからといって、胸・肩・背中・腕・足すべての部位を追い込んで、次の日無事燃え尽きてしまうやつです..笑

 

そして最後には「こんなきつい筋トレはやってられない」と思い、やめてしまいます。

 

 

ただ、いくら本気で追い込めてもやめてしまってはそこで終わりです。

 

なので、きつい筋トレをし過ぎているなと思う人は「少し余力を残してでも続けるんだ!」という意識を持つことをおすすめします。

 

そうすることで筋トレへのハードルが下がり、格段に続けやすくなります。

 

具体的には私自身もこの意識を持ったことで「今日は疲れてるからベンチプレス3セットだけやる!」という気持ちになることができ、かなりの筋トレを続けやすくなりました。

 

また、継続のしやすい筋トレメニューの組み方についてはこの記事の後半で紹介するので、そちらを参考にしてみて下さい。

 

筋トレが続かない社会人に伝えたえい5つの極意

 

 

冒頭で述べた筋トレを続ける5つの極意を繰り返します。

 

  1. 朝にトレーニングメニューをSNSで発信
  2. トレーニングウェアを着て出勤
  3. 筋トレキャラを会社で確立
  4. 毎日少しでもやる
  5. ご褒美を作る

 

では、この5つを深掘りしていきます!

 

筋トレを続ける極意①:朝に筋トレメニューをSNSで発信



最初に伝えたい筋トレ継続の極意は「やることを宣言する」です!



理由は、「今日筋トレをする理由を増やせる」からです。



筋トレが続かないと悩む人たち全てに筋トレを続けたい理由があると思います。



ただ、毎日その夢を思いながら筋トレをすることはぶっちゃけ難しいですよね?



仕事で疲れていたり、上司がうざくて酒でまぎらわしたい気持ち、好きなテレビの誘惑....

悩む男性



私たちは日々筋トレをするために雑念があり、それを振り切って筋トレに臨む必要があります....笑



その1つがSNSで筋トレをすることを発信をして、自分の発信をみてくれている人と「筋トレをする約束」を作ることで、「今日筋トレをやる理由」ができます!



その「今日筋トレをやる理由」ができることで、雑念を振り切る意志力も高まり、それが行動に繋がるということです。



また不思議なもので、どんなにフォロワーが少なくてもやる内容を宣言することで、「やばいツイートしたし筋トレしなきゃ・・」という気持ちになってくるものです笑



これはこの記事を読んで「すぐできる」筋トレを続けるための極意なので、ぜひやってみてください!

筋トレを続ける極意②:トレーニングウェアを着て出勤

トレーニングウェアを着た男性



次は、トレーニングウェアを着て出勤です!



これもバカにできない効果があります笑



例えば、作業着に着替える仕事をしている人であれば帰宅時に私服がトレーニングウェアだと嫌でも筋トレを思い出します笑



またスーツを着ている方であっても肌着をトレーニングウェアにすることで、帰宅して着替えようとするとトレーニングウェアが現れるので、また筋トレを思い出しますよね....笑

驚く男性



このようなタイミングで筋トレを思い出すと、「しゃあない少しやるか....」という気持ちになってくるものです!



こちらも明日から実践できることだと思うので、ぜひやってみてください!

筋トレを続ける極意③:会社で筋トレキャラ確立



筋トレキャラ作り、これもめちゃくちゃ効果ありました笑



私の場合は、上司や同僚との会話で、筋トレをしていることを公表したり、また「水曜日だけは絶対ジムに行きたい」と周りに話すことで筋トレキャラを作りました!



すると、上で紹介したツイートにもあるように、上司の方から「今日ジム行かなくて良いの?笑」と言われるようになり、ジムに行く時間も作りやすくなりましたね笑



これも筋トレを続けることができている要因であることは間違い無いですね!

 

筋トレを続ける極意④:毎日少しでもやる

人形



個人的には、この「毎日少しでもやる」が1番重要だと考えています。



理由は、人間はやらない言い訳を作る天才だからです笑



例えば、水曜日と土曜日を筋トレをする日として、筋トレを始めた場合を考えてみましょう!



この場合、水曜日に会社の急な飲み会が入ったらどうしますか?



また土曜日に気になっているあの子とデートに行くチャンスが来たらどうしますか?



当然、筋トレは後回しですよね....笑



そういうとき私たちは、「会社の飲み会だからしょうがない」、「好きな子と遊べるからしょうがない」...



このように自分に言い訳を作ってしまい、結局週に1回も筋トレをする日はなくなり、結局挫折です....



ただ、「毎日少しでもやる」意識があれば、その日はできなくても次の日にはできたり、また用事を済ませて帰ってきた後、「腕立てを少しだけやろう」という気持ちが出てきます。



私自身の例で言うなら、筋トレを始めたての頃の目標は「週2回ジムと毎日30回のスクワット」でした!



この目標を立てたことで、自分に甘えてジムに行かない週もありましたが毎日のスクワットだけは継続できました!



そうすると、少しだけ痩せたり、少しだけ運動が楽しくなることで、「じゃあジムもしっかり行こうかな?」という気持ちになり、今では最低週5で筋トレをできるようになりました!



なので、皆さんも最初の1歩を小さくして、それを毎日挑戦してみて下さい!きっと筋トレを続けることができます!

 

また、毎日少しの筋トレを継続できるようになった人向けに、次の段階としておすすめの筋トレメニューの組み方についても解説していきます。

 

おすすめの筋トレメニューの組み方

 

基本的な考え方は上で紹介している「毎日少しでもやる!」です。

 

私自身もこの考え方を応用させて筋トレメニューを作っていますので、それを紹介していきます。

 

筋トレへの考え方

  • 時間:30分〜45分
  • タイミング:固定(私の場合は帰宅後20時半から)
  • 頻度:毎日
  • 種目:曜日固定

 

また、この考え方がベースになり以下のような具体的な筋トレメニューを組んでいます。

 

具体的な筋トレメニュー

  • 月曜:背中
  • 火曜:肩
  • 水曜:腕
  • 木曜:オフまたは軽めの運動
  • 金曜:背中
  • 土曜:足
  • 日曜:胸

 

重要なのはメニューより考え方です。そこを間違えず自分なりの筋トレメニューを組んでみて下さい!

 

筋トレを続ける極意⑤:ご褒美を用意

喜ぶ女性



ご褒美作戦はよく言われますが、でも結局効果ありますね笑



筋トレの後に楽しみが待っていると、結局人は頑張れます!笑



私の場合は、筋トレの後、「大福を食べる」が最強のモチベーションになっていました笑



体を引き締めたいのに食をご褒美にするのはどうかという意見もあると思いますが、まずは筋トレが続かないことには体は引き締まりません!



なので、食べ物を筋トレのご褒美にするのもありですし、1週間続いたらあれを買うなどモノをご褒美にするのもありだと思うので、ぜひ試してみて下さい!



社会人が筋トレをすべき理由



筋トレが続かないと悩む人には、筋トレをして体を変えたいという願いがあると思います。



もちろん私も同じ夢を持っています!(なんなら今もその気持ち)



ただ、実際に筋トレをガチり始めたら、体が変わる以外にもたくさんの変化が自分の中に起き始めました!



それが以下にまとめたことになります・・・・

 

社会人が筋トレをすべき理由

  1. 体が変わる
  2. 自信がつく
  3. 生活が改善される
  4. 上司にビビらなくなる
  5. 成長・上昇マインドが高まる



このように体、生活、マインドが変わることで、少しずつ私の人生自体がよくなって来るのを感じている毎日です!



なので今の社会人としての自分に満足できないとか、もっと人生を良くしたいと思っている社会人の方はぜひ筋トレを頑張ってみましょう!



そうしたら、少しずつ人生変わります!



また、このあたりの筋トレの魅力には語りたいことが多すぎるので以下の記事でもまとめているのでそちらも参考にしてくれたら嬉しいです!

 


関連記事:社会人が筋トレをすべき理由【もう上司にビビらない!】



では今回は以上となります。読んでいただきありがとうございました!

アドセンス

アドセンス

-筋トレ

© 2020 チャレブロ!! Powered by AFFINGER5