ダイエット中の社会人が押さえておくべき昼食への考え方

こんにちは、やなです!

今回は、ダイエット中の社会人が、昼食を選ぶときに注意して欲しいことについて話していきます。

ダイエット中の社会人にとって、夕食の次に、誘惑が多いのは昼食ですよね・・

例えば、同僚とご飯を食べに行くと多くの定食屋の誘いやコンビニに行っても、カップ麺の誘いが待ってますよね笑

また、「同僚が普通に定食やカップ麺を食べてる中、ヘルシーなものを食べるのもなんか気が引ける・・」という人もいますね。

こんな誘いや悩みがある社会人がダイエットするのが難しいのは痛いほどわかります。

私自身も10キロダイエットに挑戦中、何度も同じような状況にぶつかりました笑

しかし、その中で自分なりにどのように昼食について向き合うべきか考えながらダイエットを継続することで、10キロダイエットに成功しました!

その経験から得た、ダイエット中の社会人が大切すべき昼食への考え方について記事にしていきます。

なので、今回の記事は以下のような悩みを持つ人に向けて書いていきます。

  1. 何かと誘惑の多い昼食のダイエット中の切り抜け方
  2. 昼食で摂生したいけど周りの目が気になる
  3. まずは、昼食からダイエットを始めたい人

また、この記事を読んでくれている人は、すでにダイエットの難しさに気づいている人だと思います。

でも、その難しいダイエットを頑張ればきっと理想の体型が手に入ります!

私も理想にはほど遠いですが、それでも体重を10キロ落としたことで、少しだけ理想の自分になることができています。

また、それと同時に少しだけ自分の人生も良くなってきています!

なので、今ダイエットに悩んだり、ダイエットを始めようか悩んでいる人も諦めずに頑張りましょう!

今回の記事がそんな人達の背中を押す機会になればと思います。

それでは、本題にうつりましょう!

ダイエット中の社会人が押さえておくべき昼食への考え方①

重要なのは、「キャラ作り」です!

つまり、「こいつはいつもダイエットしてるやつなんだ」と周りに思ってもらうように振る舞うということです。

例えば、私のキャラである「筋トレキャラ」の場合、お昼を一緒に食べに行っても「サラダチキン食べないの?」とか「プロテインは?」など周りから逆に聞いてくれます笑

このようなキャラが作れると、ヘルシーな料理を頼みのにも気を使う必要が無くなるので、かなりダイエットにも有利になると思います!

私自身、筋トレやボディメイクが趣味であることを周りに公言することで、ストレスなく自分の好きなことに取り組めるようになりました。

また、この他にも「弁当男子または女子」になることで、自分で昼食をコントロールできるようになりますよね!

ちなみに私自身会社では、「筋トレキャラであり、弁当男子キャラ」です笑

ボディメイクが趣味な自分にとっては、本当に最高のキャラづけです!

ダイエットをしている人は、このようなキャラ作りをすることで、かなりダイエットを進めることができます。

なので、ぜひ取り入れてみて欲しいと思います!

ダイエット中の社会人が押さえておくべき昼食への考え方②

「諦める」というのも1つの作戦です。

3食の内で、1番自分でコントロールできないのが、昼食だと私は考えています。

なので、潔く昼食は好きなものを食べると決めて、ダイエット中のストレス解消に当てるのもありですね!

また、多くの社会人の昼食時間は会社規定のものがあると思うので、そんなに食べ過ぎるということもないと思います。

ただ、その代わりに朝、夜はしっかりとダイエット飯であったり、健康的な食事を取ることを心がけましょう!

そうしないとただ、「昼飯たくさん食べたやつ」になっちゃいますからね笑

ダイエット中の社会人が押さえておくべき昼食への考え方③

最後は、「昼食時の飲み物への意識を変える」です。

昼食を食べた後、缶コーヒーで締めると言った社会人の人は多いんじゃないでしょうか?

昼食だけではないかもしれませんが・・

確実に言えるのは、これをやっていては、いつまでたっても痩せることはできません!

理由は、売られている缶コーヒーのほとんどに、圧倒的に多くの精製された砂糖が含まれているからです。

つまり、砂糖の中でも1番太る砂糖がたくさん入っているということです!

ここで、見たことない人には衝撃的な動画を添付いたします。

これは、大人気Youtuberの水たまりボンドさんのかなり昔の動画ですが、缶コーヒーにいかに砂糖が入っているかを表す最高の動画だと思っています。

もし、現在、ダイエット中で炭水化物の量を減らしているのに、痩せないという人はここに原因がある可能性が高いです。

実際、朝ごはんに一杯、昼ごはん時に一杯、缶コーヒーを飲む社会人は少なくないはず・・

でも、この習慣があってはいくら食事量を制限しても痩せません。

以下に経験談を示します。

経験談

私自身、ダイエットに成功するまで、1日に最低2回は微糖の缶コーヒーを飲んでいました。その間にも、糖質制限やカロリー制限ダイエットを行っていましたが、全然痩せませんでしたね笑

なんとなくの感覚で、「缶コーヒーよりご飯を減らし方が痩せると思っていました・・・」

しかし、実際には、砂糖を直で飲む、飲料に含まれる砂糖の方が太ります。(以下の記事参考)

実際に私の経験でも、缶コーヒーを一切飲まなくなってから、すぐに2〜3キロ体重が落ちました。

それくらいには、缶コーヒーを含む清涼飲料水の太らせる効果はやばいということですね。

なので、これを読んでいるダイエットしたい社会人のみなさんは、すぐに缶コーヒーをはじめとした清涼飲料水をご飯の後に飲むのをやめましょう!

おそらくこれは、毎日運動を続けたり、白ご飯の量を少なくするよりは、簡単にできると思います。

このような小さいけど、不健康な習慣を積極的に無くしていくことが、ダイエットの成功のカギとなるので、ぜひ注意しましょう!

今回は、ダイエット中の社会人が押さえておくべき昼食への考え方についてみてきました。

冒頭で述べたように、誘惑が圧倒的の多いのが昼食です。だから、その誘惑に勝つのはなかなか難しいです。

でも、そこに打ち勝てれば、ダイエット成功は目の前です!

なので、この最大の敵である昼食としっかり向き合っていきましょう。

今回の記事は以上です。読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。