【失敗談あり】TOEIC800点取るまでに使ったおすすめ参考書まとめ


こんにちは!


現在、社会人しながらTOEIC900点を目指して日々勉強している、やなと申します!


今回の記事を読んでいる方には以下のような疑問や心配があるかと・・↓



TOEIC800点レベルを取りたいんだけど、おすすめの参考書って何なんだろう?」



TOEIC800点を目指してるんだけど、失敗しない参考書が知りたい・・」



そんな人達の疑問に、社会人をしながらTOEIC勉強をして、1年間でTOEICスコアを550点から825点を上げることに成功した私が、自分の参考書選びの失敗談を踏まえながら、おすすめの参考書をまとめていきます!


ちなみに上が私の現在の最新スコアです!


また、私のTOEICへの挑戦の記録はそのスコア遍歴と私の感想ととともに以下の記事でまとめているので、ぜひ参考にして見て下さい!


なので、今回の記事では、私が実際にTOEIC800点台に到達するまでに使った参考書や教材に関して、失敗談を含めながら解説していきます!


また、私自身スコアに応じて少しずつ使う参考書・教材を変えて行ったので、今回はスコア別に分けて、おすすめの参考書・教材を紹介していきます。


では、本題に移っていきましょう!

TOEIC800点の価値:おすすめの参考書の前に


おすすめの参考書を紹介する前に、皆さんが目指しているTOEIC800点の価値について考えてみます!


公式が発表している全TOEIC受験者層の中で、TOEIC800点は上位15%です。


分かりづらいので学校のテスト的な規模で考えると、学年全部で400人の学級なら60位以上の点数になります笑


こう考えると、自分的には結構すごいことかなと・・笑



まあそれも当然で、就職や転職のシチュエーションを考えると、TOEIC800点以上を応募の条件としている企業はちょ〜〜大手企業ばかり!

TOEIC800点が条件の企業

・野村ホールディングス(グローバル採用)
・日本IBM
・楽天


などですね。


これを考えると、やはりTOEIC800点は簡単じゃない感がありますよね・・


ただ、私自身社会人をしながらコツコツ1年積み上げたらしっかりと成果が出て、TOEIC800点を超えることができました!



なので、「全く無謀な挑戦だ・・」という訳ではありません。


しっかりと努力できれば必ず取れるスコアです!!


その努力の参考にぜひ、この記事をしてみて下さい!!

TOEIC800点に必要な勉強時間:おすすめの参考書の前に


では、そのちょっと壁の厚いTOEIC800点を取るためには、どのくらいの勉強時間がいるのでしょうか?


それを考える時によく登場するのが以下の図です↓


この図から分かるのは、私の勉強始め初期のTOEIC500点台から800点台まで伸ばすには「約700時間」の勉強が必要ということが分かりますね・・


(ぶっちゃけ引くほどの勉強量・・笑)


これを日数で分解して考えると、1日1時間の勉強なら2年、1日2時間の勉強なら1年、1日3時間の勉強なら半年ちょっと、ということになります。


TOEICの勉強にかけられる時間は人によって様々かと思います。

大学生であればゆっくり大学生活をかけて勉強しても良いかもしれませんが、社会人にはそんな時間はない・・かもしれません。


なので、この目安を参考にして、自分の状況を考えて勉強時間を決めてみてはどうでしょうか?


また、参考までにですが、「TOEIC700点を効率的に取る方法」という私の記事の中で、勉強時間に関してもっと深掘りをしているので、そちらも良かったら読んでみて下さい!

TOEIC800点取るまでに使った参考書:500点から600点


では、ここからやっと本題に参ります!


まずは、私がTOEIC500点から600点まで上げるのに使用した参考書です!

公式問題集


公式問題集は、勉強というか実力試しで使いました!


私のTOEIC勉強は社会人になってからの挑戦だったので、今の英語力が全くわからなかったので、とりあえずやりましたね笑


私と同じように今の実力がわからないという人も多いと思うので、まずは「公式問題集」から始めてみましょう!

Netflix(海外映画やドラマで勉強)


海外映画やドラマで勉強」は結論から言うと、「大失敗」です・・笑


完全に時間の無駄をしてしまいました・・


理由は2点あります↓


① 自分が飽き性
② まだ生の英語を聞くのは早い

①飽き性


やはり勉強の初期は「映画やドラマで勉強できたらええやん!」と思って始めたんですが・・


映画やドラマで勉強は予想以上にハードルが高いです・・


海外映画ドラマでの勉強の基本は、「何度もその作品を見て、わからない部分や聞き取れない部分を潰していく」というスタンスでやらなければ意味がありません。


ただ、私は絶望的に飽き性なので、同じ映画を2回見るなんて、それも短いスパンでそれをやるなんて到底無理でした・・笑


それで結局、毎回違う映画を見て(しかも日本語字幕笑)、何も学ばないまま2時間が過ぎていました・・


控えめに言って、「意味なし」です笑

まだ生の英語を聞くのは早い


もう1つは、根本的にまだ海外ドラマや映画で勉強できる基礎英語力がなかったというのもあります。


やはり、基礎力がないうちは、ドラマや映画での勉強中はわからない単語や聞き取れない部分があまりに多過ぎるので、その度に動画を止めて、調べるをやってると結構だるくなります・・笑


それで結局、やる気喪失なんてことも何度もしていましたね・・


なので、私のこの失敗談を聞いて、「私も同じようになりそう・・」という人は、勉強法自体は良いものなのでチャレンジするのも良いですが、引き際をしっかり考えましょう!


そうしないと、私の二の舞になります・・笑

スタディサプリTOEIC


この英語勉強アプリが、私のTOEIC・英語勉強を変えたと言っても過言ではないですね!



スタディサプリTOEICがなかったら、マジで800点取れてなかったかもしれない・・笑


アプリという側面から、いつでもどこでも場所を選ばす勉強でき、またスマホがあればTOEIC勉強ができるので、本当に重宝しました(というか今も使用中笑)


スタディサプリTOEICには感謝と思いが強過ぎるので、以下の記事で10000字に渡るレビュー記事を書いています!


気になる方は、そちらを読めばスタディサプリTOEICの全てを理解できますよ!笑

TOEIC800点取るまでに使った参考書:600点から700点


では、次はTOEICのスコアを600点から700点まで上げるのに使用した参考書・教材についてです!


ちなみ、この段階でも引き続き「スタディサプリTOEIC」は使用中です!

Youtube

TEDトーク


まずは、Youtube動画の中でも「TEDトーク」ですね!


この動画は実際に毎日私がシャドーイング教材として使っているものです。


Youtubeには、TEDトークを含め優秀な英語教材がたくさんあるので、活用するのはめちゃくちゃおすすすめですね!(無料だし!!)


また、このTEDトークとの出会いも自分の英語勉強を加速させる要因になりました!


理由は単純で「自分の悩みや興味のあるものなら難しい英語でも頑張って勉強できる気持ちが湧いてくるじゃん!」という当たり前なことに気づいたからです笑


この頃の私は、TOEICを勉強しつつも自分の仕事や将来についてものすごく悩んでいました・・


その中で、このTEDトークの動画に出会いのめり込むように聞いているうちに、より深く理解したいという思いから、毎日この動画をシャドーイングするという習慣を作ることができました!


(映画はあんなにすぐ挫折したのに・・笑)


なので、皆さんにもぜひ、TEDトークに限らず自分の興味のある分野のYoutube動画で勉強するのをオススメします!


Youtubeでの検索の仕方のとしては、「興味のある分野の英語名 」で検索すれば十分なほどの動画が出てくると思います笑

ニック式英会話


こちらは、英語の発音関係のことを学べる「ニック式英会話」です!


ちょーどこの頃は、私自身TOEICのリスニングパートに苦手意識があり、それを克服するためにこの動画を使用していました。


主に、ネイティブが話すときによく起きる「リンキング」や「リエゾン」と言った部分、またはスラングの成り立ちに関して、自分もネイティブであるニック先生から学ぶことができるので、非常にためになりました!

英語多読


こちらは、英語の多読を進めている参考書ですね。


これを手に取った理由は、TOEIC受験者の多くが悩む問題である「リーディングパートが解き終わらない問題」を解決したかったからです笑


この本自体は、多読の有用性に始まり、それだけでなく無料で多読ができる教材等を紹介してくれており、有用なのですが・・


TOEIC800点を取って感じるのは、「多読だけではリーディング力がつかない」ということです。


やはり、多読と精読を良いバランスで行うことが遠回りなようで、1番のリーディング力を上げる上で重要かなと今は思います。


なので、私自身はこの時期には多読系の本を読み漁ったのですが、結局あまり意味がなかったと感じているので、そちらは紹介しません・・笑


ただ、「英語多読」は多くの無料の英語学習コンテンツやネイティブの小学生や中学生が勉強する教材も紹介してくれているので、読んで見るのは情報収集という面ではめちゃくちゃ良いので、オススメしています!

瞬間英作文


鉄板の「瞬間英作文」です!


どうしてもTOEICの勉強をしていると本来の目的である「英語力」を上げるというよりは「TOEICの点数を上げる」に重きが置かれがちです。


それを少しでも避けるために、私は毎日1章分の瞬間英作文のトレーニングを今もしています!


本の構成は、めちゃくちゃ単純で、「日本語で書かれた文章をひたすら英語にしていく」と言ったスタイルのものです。


圧倒的にシンプルなので使いやすいです!


これだけやってTOEICの点数が伸びることはありませんが、英語力の引き上げはTOEICでも変わらず重要なのでやって損はないです。

TOEIC800点取るまでに使った参考書:700点から800点


では、最後のTOEIC700点から800点のパートへ進みましょう!


この段階で継続して使用している参考書・教材は、「スタディサプリTOEIC」・「TEDトーク」・「瞬間英作文」になります。


そして、この段階は「問題の解き慣れ」を意識しているため、テスト形式の問題集が多めです!

TOEIC L&Rテスト 直前の技術


これも鉄板の「直前の技術」ですね!


いろんなサイトでも紹介されているように、TOEICの攻略本的なイメージです。


効率的な問題の解き方やマークシートの仕方、ちょっとしたTOEIC問題の癖などを紹介してくれているため、ある程度実力がついた段階で勉強すると、かなりの効果がありますね!

世界一わかりやすいTOEICシリーズ(800点突破レベル)


こちらは、TOEIC本番形式の問題集です!


難易度は通常の公式問題集よりは高いですが、解説が公式より2倍以上詳しいのがめちゃくちゃ良いです!


なので、問題を解いただけでなく、復習していても多くの発見があって勉強になる一冊です。

公式問題集


こちらは、繰り返しの登場になりますね笑


ただ、TOEIC問題の解き慣れをつけるために公式問題集が最適すぎるので、この段階で再度使用しています!


しかし、この段階では、ただ解くだけでなくめちゃくちゃ復習にも時間をかけてわからない部分を潰すようにしていました。

まとめ


今回の記事では、今回の記事では、私が実際にTOEIC800点台に到達するまでに使った参考書や教材に関して、失敗談を含めながら解説してきました!


全部実際に私が使って効果があったもののみを紹介しているので、そこそこ信頼性はあるかなと。


また、今回は参考書の紹介だけに止まってしまい具体的な勉強方法にまで踏み込めていません。


なので、そちらに関しては、以下の記事で英語勉強を続ける方法等を含め解説しているので、そちらを参考にこれからのTOEIC勉強の参考にしてみて下さい!


では、みなさんがTOEICで目標を達成すること、また私自身もTOEICで900点が取れることを祈って記事を締めます!


読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mogu

「多動的ダイエッター」 将来の夢は「地元に最強の寺子屋を作ること」 ガリ勉の過去を持ち、その経験から勉強方法を主に発信します! また、健康とダイエットに現在コミット中のため、関係書籍の解説も行います。