筋トレ

自宅筋トレするなら最低限揃えるべき器具まとめ【ジムを捨てる勇気】

2020年6月20日

自宅筋トレするなら最低限揃えるべき器具まとめ【ジムを捨てる勇気】



〇〇ナ対策をきっかけにジムを捨て、自宅筋トレガチ勢になったやなです....笑



またこの記事を読んでいる人は以下のような悩みがあるかと。

悩んでいる人
悩んでいる人

自宅で筋トレするなら最低限何が必要だろう?



そんな疑問に自宅筋トレガチ勢の私が答えていきます



ちなみに私自身は自宅筋トレ約2ヶ月で以下のような体を作ることができました!



そんな経験をもつ私が今回は自宅で筋トレするなら最低限揃えるべき器具をまとめていきます。



まず結論から述べると・・

 

自宅筋トレで揃えるべき器具

  1. ヨガマット
  2. ダンベル
  3. インクラインベンチ



個人的にこの3つがあれば筋トレ初心者〜中級者であれば満足できる自宅筋トレ環境が手に入るかと!



理由はこの3つがあれば、最低限全身の筋肉を鍛えることができるからです。



このあたりの理由に関しては本文でさらに詳細解説していきますので、早速本題にうつりましょう!

 

自宅筋トレで最低限揃えるべきもの①:ヨガマット

ヨガをする女性達



ヨガマットは自宅で少しでも筋トレする人は揃えなきゃですね!



理由は、安全確保です...笑



自宅の床で筋トレをすると高確率で腰や腕を痛めてしまいます。



せっかくこれから筋トレを始めるのに怪我をしては元も子もないですよね!



お値段も1000円〜2000円でリーズナブルです。それに加え、ぶっちゃけどれを買っても機能は一緒....笑



なので、ぜひ気に入ったデザインのものを買って試して見てください!

自宅筋トレで最低限揃えるべきもの②:ダンベル



自宅で筋トレをガチりたい人は『ダンベル』は絶対に揃えるべき器具です!



理由は筋肥大をしっかりと狙う場合にはフリーウエイト(ダンベルやバーベルなど)のトレーニングが必要不可欠だからです。

 

 



またフリーウエイトを自宅で行うのに1番リーズナブルにできるのがダンベルですね。



特におすすめは『可変式』のものです!



この理由は効かせたい部位に最適な重量に調節して筋トレができるからです。



可変式じゃないタイプだと一定の重量でのトレーニングになってしまいます。



なので、効きすぎる部位と全然効かない部位が出てきてしまいかなり非効率ですね..



そのため、私は自宅筋トレには『可変式のダンベル』をおすすめしています!



また、私が実際に使っている『可変式ダンベル』のレビューを以下の記事でしています。

 


関連記事:【IROTECラバーダンベル感想】これで我が家もホームジム!



買い物の参考になると思うので、ぜひ!

 

自宅筋トレで最低限揃えるべきもの③:インクラインベンチ



最後は『インクラインベンチ』です!



『ベンチは要らなくない?』という意見もあるかと思いますが、自宅筋トレをガチるなら必要かと。



理由は『ダンベル』と『自重筋トレ』だけだと、『胸』への刺激が入りづらいですね....

 

 



『胸』を鍛える種目はやはりデクライン(寝た状態)やインクライン(斜めのベンチに寝た状態)で行うものが多いため、



『自重筋トレ』と『ダンベル』だけでは限界があります。



なので、自宅で筋トレの幅を広げるためにも個人的には『インクラインベンチ』は揃えるべきかなと!



また、インクラインベンチに関しても私が実際に使っているものをレビューした記事を書いているので、参考にどうぞ!

 


関連記事:インクラインベンチ|リーディングエッジLE-B90の感想

 



注意点として、インクラインベンチを買うなら合わせてマットか大きめのヨガマットを床保護のために購入しましょう!



実際に私がインクラインベンチの下に敷いているのがこっちです⬇︎



そうじゃないと床ががっつり傷つくはめになります....

自宅筋トレで揃えたいもの:筋トレ上級者向け

筋トレする男性



この章ではさらに自宅での筋トレを充実させたい、筋トレ上級者向けの筋トレ器具を紹介していきます。



結論から言うと4つあります。

筋トレ上級者向けの筋トレ器具

  1. トレーニングチューブ
  2. バーベル
  3. バーベルスタンド
  4. チンニング台

 


では、それぞれについて解説していきます!

 

①トレーニングチューブ



チューブは自宅筋トレの幅を広げてくれるので良いですね!



ダンベルだけだとできない動きがチューブがあることでできるようになります。

 



個人的には自宅筋トレだと背中を鍛えるのが難しいなと感じ、チューブを購入しました!



購入したことで動画で紹介されているチューブを使ったラッドプルダウンやシーテッドローができるようになり、



かなり自宅筋トレの環境が充実しましたね!



ただチューブ自体は上級者向けの器具ではないですが、必須でもないという理由からこの章で紹介しました。

②バーベル



バーベルは筋トレ上級者なら絶対揃えたい筋トレ器具ですよね!



ベンチプレス、デッドリフト、そしてスクワットと言われる筋トレのBIG3をするには必要になってきます。



ただ、個人的にも購入を決めかねている器具でもあります..



理由は部屋の広さ問題です..笑



バーベルを買うとなると次の章で紹介するバーベルスタンドも必要になってかなり場所を取るんですよね。



もうちょい広い家に住んでたら既に買っているんですけどね..笑



なので、家の広さに余裕があり、筋トレ上級者の方は揃えるべき器具になります。

③バーベルスタンド兼チンニングスタンド



最後はバーベルスタンドですね!



当然、バーベルを買うなら必要になってくる器具です。



ただ、この上で紹介しているバーベルスタンドはチンニング台、つまり懸垂台としても利用できる便利なやつ!



バーベルも置けて、懸垂もできちゃうので個人的に買うならこれだなと考えています。

まとめ

ダンベルを持つ女性



今回の記事では『自宅筋トレするなら最低限揃えるべき器具』をまとめてきました!



結論を繰り返すと・・

 

自宅筋トレで揃えるべき器具

  1. ヨガマット
  2. ダンベル
  3. インクラインベンチ



筋トレ上級者向けの器具も紹介しましたが、基本は上記の3つで十分です!



私が購入した器具で考えると、この3つで総額約40,000円になりますね。



この値段はだいたい年間のジム費用くらいかと。



その投資で永遠に自宅に筋トレできる環境ができると考えると結構コスパ良いなと個人的には思います。



あとはお財布と相談しながら、購入検討して見てください!



では、今回は以上になります。読んでいただきありがとうございました!

 


関連記事:社会人が筋トレをすべき理由【もう上司にビビらない!】

 


関連記事:【本当に痩せる?】オンラインパーソナルトレーニングを1ヶ月受けた効果まとめ

 

アドセンス

アドセンス

-筋トレ

© 2020 チャレブロ!! Powered by AFFINGER5